トップ画像インデックス

スライドショー(ランダム)表示/非表示






国別インデックス表示/非表示

 ※画像はクリックで拡大表示します。



エチオピア Ethiopia


  2011/1/6      2011/1/15     2011/1/1

  2011/1/1      2011/1/2      2011/1/5

  2011/1/3      2011/1/6      2011/1/10

  2010/12/27     2010/12/31     2011/1/6

  2011/1/15     2011/1/5     2011/1/6

  2011/1/6     2011/1/8     2011/1/9

  2011/1/11     2011/1/11     2011/1/11

  2010/12/29      2010/12/31     2010/12/31

  2010/12/31     2011/1/6       2011/1/6

  2011/1/10      2011/1/11      2011/1/10

  2011/1/6      2010/12/29      2011/1/11

  2011/1/9      2011/1/8       2011/1/10

  2011/1/10      2010/12/31     2011/1/6

  2011/1/9      2011/1/11      2011/1/15

  2011/1/10



ザンビア Zambia


  2008/9/22     2008/9/21     2008/9/23

  2008/9/26     2008/9/26



ナミビア Namibia


  2008/8/27     2008/8/23     2008/9/2

  2008/9/6     2008/8/27 



アフガニスタン Afghanistan


  2009/7/19     2009/8/1      2009/7/22

  2009/7/23     2009/7/3      2009/7/15

  2009/7/2     2009/7/11      2009/7/26 

  2009/7/1      2009/7/3      2009/7/2 

  2009/7/7      2009/7/5      2009/7/16

  2009/6/28



パキスタン Pakistan


  2009/6/13     2010/4/17     2010/4/20

  2010/3/28     2010/4/5      2010/4/17

  2010/4/15     2010/4/12     2010/3/25

  2009/8/20     2009/6/23     2010/4/16 

  2010/3/12     2010/4/5      2010/4/8

  2009/6/18     2009/6/26     2009/8/11

  2009/8/11     2009/8/23     2009/8/22

  2009/8/22     2010/3/12     2009/6/19

  2010/4/16     2010/4/1      2010/4/12

  2010/4/14     2010/4/22     2010/4/22

  2009/6/12     2009/6/20     2009/8/9

  2010/4/4      2010/4/12      2010/4/8

  2009/8/13     2010/4/20     2009/6/19

  2010/4/8      2010/4/3      2010/4/13

  2009/8/13     2009/8/12      2009/8/24

  2010/4/10     2010/3/13      2010/3/14 

  2010/3/29     2010/4/9      2010/4/13 

  2009/8/23     2009/8/26     2009/8/13

  2010/4/6     2010/4/5      2010/4/11 

  2009/6/25     2009/8/12     2010/4/20



インド India


  2008/12/24    2009/1/7       2009/1/28

  2010/8/2      2010/8/3      2010/8/5  

  2010/7/24     2010/7/24      2010/7/26  

  2010/7/23     2010/7/23      2008/12/23

  2010/7/25     2010/7/26     2010/7/24

  2010/7/23     2010/7/24     2010/8/9

  2010/7/24     2010/8/6      2010/8/17

  2008/12/30    2008/12/30     2008/12/29

  2010/7/26     2010/7/24     2009/1/30 

  2008/12/25     2009/1/8     2009/1/19

  2010/7/26     2010/7/24     2010/7/26 

  2010/7/26     2010/8/17     2010/7/25 

  2008/12/23    2009/1/6      2010/7/23

  2010/7/26     2010/7/25       2010/7/27

  2010/7/25     2010/7/27        2010/7/25

  2010/7/27     2010/7/29      2010/7/26

  2010/7/24     2010/7/25      2010/7/26

  2010/7/27     2010/7/24      2010/7/29

  2010/7/25     2010/7/30      2010/7/26

  2010/7/25     2010/7/24       2010/7/25

  2010/7/25     2010/7/28      2010/8/3

  2010/8/9      2010/8/6       2010/7/30

  2010/8/8      2010/7/31      2010/8/17

  2010/8/4      2010/8/3      2010/8/1

  2010/8/7      2010/8/1      2010/8/8

  2010/8/17      2010/8/17      2010/8/18

  2010/8/20      2010/8/20



 


トップ画像インデックス(スライドショー順)はこちら



トップ画像インデックス(スライドショー順)

トップ画像スライドショー表示/非表示






トップ画像インデックス表示/非表示

 ※クリックで拡大表示します。



2008/12/24 India  2009/6/25 Pakistan 2009/1/7 India

2010/4/6 Pakistan 2010/4/5 Pakistan 2010/4/11 Pakistan 

2010/4/20 Pakistan 2010/7/23 India  2010/7/23 India

2009/8/12 Pakistan 2009/7/19 Afghan 2009/8/1 Afghan

2010/3/29 Pakistan 2010/4/9 Pakistan 2010/4/13 Pakistan 

2009/1/28 India 2008/9/26 Zambia 2008/8/27 Namibia 

2009/8/23 Pakistan 2009/8/26 Pakistan 2009/8/13 Pakistan 

2010/8/2 India    2010/8/3 India   2010/8/5 India  

2010/4/10 Pakistan 2010/3/13 Pakistan 2010/3/14 Pakistan 

2010/7/25 India   2010/7/30 India  2010/7/26 India

2010/7/24 India   2010/7/24 India   2010/7/26 India  

2010/7/25 India  2010/7/28 India   2010/8/3 India

2010/8/9 India   2010/8/6 India   2010/7/30 India

2010/8/8 Ethiopia   2010/7/31 India   2010/8/17 India

2011/1/5 Ethiopia 2011/1/6 Ethiopia 2011/1/6 Ethiopia

2011/1/8 Ethiopia 2011/1/9 Ethiopia 2011/1/11 Ethiopia

2011/1/11 Ethiopia 2011/1/11 Ethiopia




2008/12/23 India 2009/8/13 Pakistan 2009/8/12 Pakistan

2009/8/24 Pakistan 2008/8/27 Namibia 2009/7/22 Afghan

2010/4/8 Pakistan 2010/4/3 Pakistan 2010/4/13 Pakistan

2009/7/23 Afghan 2009/7/3 Afghan 2009/8/9 Pakistan 

2010/4/4 Pakistan 2010/4/12 Pakistan 2010/4/8 Pakistan

2009/6/19 Pakistan 2009/7/2 Afghan 2009/7/11 Afghan

2010/7/25 India   2010/7/26 India   2010/7/24 India

2010/4/14 Pakistan 2010/4/22 Pakistan 2010/4/22 Pakistan

2009/6/20 Pakistan 2009/7/15 Afghan 2008/12/30 India 

2010/8/9 India  2009/8/13 Pakistan 2010/4/20 Pakistan

2010/7/27 India  2010/7/24 India   2010/7/29 India

2011/1/15 Ethiopia 2010/7/23 India  2010/7/25 India

2010/7/24 India  2010/7/24 India   2010/8/4 India

2010/8/3 India   2010/8/17 India  2010/12/29 Ethiopia

2010/12/31 Ethiopia 2010/12/31 Ethiopia 2010/12/31 Ethiopia

2011/1/6 Ethiopia 2011/1/6 Ethiopia 2011/1/10 Ethiopia

2011/1/11 Ethiopia



2009/6/19 Pakistan 2009/7/1 Afghan 2009/7/3 Afghan 

2010/4/16 Pakistan 2010/4/1 Pakistan 2010/4/12 Pakistan

2009/7/7 Afghan 2009/6/12 Pakistan 2009/7/5 Afghan 

2009/6/18 Pakistan 2009/6/26 Pakistan 2009/8/11 Pakistan

2009/8/11 Pakistan 2009/8/23 Pakistan 2009/8/22 Pakistan

2008/12/29 India 2008/9/2 Namibia 2008/9/23 Zambia

2010/7/24 India    2010/8/6 India   2010/8/17 India

2008/9/26 Zambia 2008/12/30 India 2009/7/16 Afghan 

2010/3/12 Pakistan 2010/4/5 Pakistan 2010/4/8 Pakistan

2010/12/27 Ethiopia 2010/12/31 Ethiopia 2011/1/6 Ethiopia

2010/7/24 India 2010/7/25 India  2010/7/26 India

2010/3/12 Pakistan 2010/7/26 India  2010/7/24 India

2008/8/23 Namibia 2011/1/10 Ethiopia 2010/7/25 India

2010/7/27 India  2010/7/29 India   2010/7/26 India

2010/8/1 India   2010/8/7 India   2010/8/20 India

2010/8/20 India  2011/1/10 Ethiopia 2011/1/6 Ethiopia

2010/12/29 Ethiopia 2011/1/11 Ethiopia 2011/1/9 Ethiopia

2011/1/8 Ethiopia 2011/1/10 Ethiopia



2008/12/23 India 2009/8/22 Pakistan 2009/1/6 India

2010/4/16 Pakistan 2008/9/6 Namibia 2009/7/26 Afghan 

2010/4/15 Pakistan 2010/4/12 Pakistan 2010/3/25 Pakistan

2011/1/3 Ethiopia 2008/9/21 Zambia 2011/1/6 Ethiopia

2009/6/28 Afghan 2008/9/22 Zambia 2009/1/30 India 

2010/3/28 Pakistan 2010/4/5 Pakistan 2010/4/17 Pakistan

2009/8/20 Pakistan 2009/6/23 Pakistan 2009/7/2 Afghan 

2010/7/26 India   2010/7/24 India   2010/7/26 India 

2008/12/25 India  2009/1/8 India  2009/1/19 India

2009/6/13 Pakistan 2010/4/17 Pakistan 2010/4/20 Pakistan

2011/1/1 Ethiopia 2011/1/2 Ethiopia 2011/1/5 Ethiopia

2010/7/26 India   2010/8/17 India   2010/7/25 India 

2011/1/15 Ethiopia 2011/1/1 Ethiopia 2010/7/23 India

2010/7/26 India  2010/7/25 India   2010/7/27 India

2010/7/25 India   2010/7/27 India   2010/7/25 India

2011/1/6 Ethiopia  2010/8/1 India   2010/8/8 India

2010/8/17 India   2010/8/17 India 2011/1/10 Ethiopia

2010/12/31 Ethiopia 2011/1/6 Ethiopia 2011/1/9 Ethiopia

2011/1/11 Ethiopia 2011/1/15 Ethiopia 2011/1/10 Ethiopia


 


トップ画像インデックス(国別)はこちら



2008/10 ジンバブエ高額紙幣

以下、2008/10に私が書いた記事を転載。
(その後、2009/1に100兆Z$札が発行された後、2月に12桁のデノミが行われた。)
-------------------------------------------


現地通貨ジンバブエドル(以下、Z$)について。
高額紙幣ハイパーインフレの結果、高額紙幣がギネスになったことで話題を集め、1000億Z$札がオークションでも目立っています。

帰国後の10月下旬、これを機会にZimの状況を伝えたいと思い、以下の説明文を掲載してYahoo!オークションに出品しました。(ちなみに、貨幣価値はほぼ0円ですが、7,200円で落札されました。)
yahooオークションZim$

【商品説明】

1000億ジンバブエドル(以下Z$)紙幣は、2008年7月21日から流通していますが、8月1日にデノミ(※)が実施されたために、流通量が少ない紙幣となりました。
出品しているのは、以下の計9枚のセットです。

1000億Z$ 1枚
500億Z$  3枚
250億Z$  5枚


※ ゼロの数を減らすため、新1 Z$=旧100億 Z$と新通貨へ切り下げられました。2008年10月現在では2000Z$、1000Z$、500Z$・・・といった大きさの紙幣が主に使用されています。

==============

【商品状態】
写真にあるとおり、1000億Z$は使用感はありますが、目立った折れ目・汚れはありません。(裏面も同様です)
500億Z$札は1000億Z$札よりもキレイです。
250億Z$札は新品(未使用)同様と言える状態だと思います。

(いずれも元々新品でしたが、未使用のまま、南アフリカ、ナミビア、ザンビアと2ヶ月間を私と供に過ごしたために薄いシワなどが入ってしまいました。そのために中古品としております。但し、250億Z$札は数が多かったためか、札束の中にキレイなものが残っており新品同様とさせて頂きました。)

もちろん、写真の紙幣そのものを納品します。

==============

【エピソード】
当方、2008年7月から10月中旬までジンバブエ(および周辺国)に滞在しておりました。(1週間前に帰国したばかりです)

「ジンバブエドル」に興味のある方でしたら、この国が最近のニュースによく登場するのをご存知かもしれませんね。その内容は、ハイパーインフレ、不正選挙、経済崩壊、食料不足・・・等と悪いものばかりです。

実際に現地で感じるインフレは想像以上で、8月からの2ヶ月で貨幣価値が1000分の1になるのを体験しました!
8月上旬に5000円ほどで両替した現地通貨(旧5兆Z$)が、(2ヶ月ほど他国へ出ていて)10月上旬に戻ってきたら、なんと約5円の価値になっていました!! 5兆Z$の札束を大事に抱えていた私は浦島太郎状態・・・。(今回出品する紙幣は、このときのものです!)8月(デノミ後)には30Z$(300円相当)で食事ができたのに、10月には30000Z$はかかるのです。(確かに、USドルとの交換レートを基準にすると毎日1割くらいのドル高でした。単純計算すると「1.12倍の60乗は1005倍」なので60日で1000分の1にも納得・・・しかもモノの価値自体も上がっているので食事には30000Z$ではなく40000Z$~50000Z$くらい(400円から500円)にもなっていました!)

という訳で、旧1000億Z$の貨幣価値は、限りなく0円に近いでしょう。(私が帰国時すでに0.05円以下でした。こうしている間にも、どんどん下がっているでしょうね・・・)

10月には、現地の方々は新紙幣を使っていて旧紙幣はほとんど見ませんでした。(そりゃそうです。旧紙幣ではバナナ1本買うのにも分厚い札束になってしまうのですからね。)

インフレもそうですが、現在のジンバブエの経済状況はものすごく悪いです。首都HARAREの大スーパーでさえ、品物が極端に少なく、わずかなスナックや野菜がレジの前にあるだけなんて状態も多いです。庶民の市場でもバナナや野菜の値段も毎日のように2倍・3倍と値上がりします。(そして食物以上に日用品が高いです。薄い本が何千円もしたり、乾電池1本が300円とかでした。)

それでもモノがある大都市は恵まれていて、田舎では、メイズ(トウモロコシ粉。主食サザの原材料)やパンすら入手困難な地域も少なくないようです。(私が訪れた地域には、現地の人はトマトやポテトを料理してやり過ごしていましたが、旅行者であった私は料理ができないのでバナナとビスケットしか食べられない日もありました・・・しかもバナナ1本100円とか日本より平気で高かったです!)
また、多くの都市で夜は停電や断水です。(ジンバブエで4番目に大きな都市MASVINGOすら、夕方以降は毎日停電。断水も多かったです。)

公務員の給料が、実際の貨幣価値より極端に安いため、「警官や先生よりバナナ売りになった方がまし」と言って辞める人も多いそうです。街では、多くの店舗が閉まっていて、路上の物売り(または闇両替商)が目立ちます。

もともとジンバブエは、(現在は新興国として発展してきた)南アフリカと同じくらい、発展していた国です。
独裁政権が続き、欧米との関係悪化・援助停止などにより、経済が極端に悪くなってきたようです。
そんな中でも、ジンバブエでは未だに概して治安は良く、人々は相変わらず温和です。ただただ「次の政権になるのを待っている」そうです。
とはいえ、日々悪化する生活状況には、そろそろ限界と現地の人も口を揃えます。短期間滞在である旅行者(私)には、計り知れない苦しい生活を強いられているのでしょう。

==============
せっかく「高額紙幣」が話題になっているので、こうしたジンバブエの状況を理解する一助となればと思い、長々と書かせて頂きました。
最後まで読んでくださった方、有難うございます。

なお、私が現地で得た情報をもとに書いていますので、数字などは公式なものではありません。ご了承ください。


【随時更新】 ジンバブエ経済状況


※2008/11以降は、MutareおよびMasvingo在住の親しいジンバブエ人からの情報
※Harare:首都、Bulawayo:第2、Mutare:第3、Masvingo:第4(第5?)の都市


--------------------------------
2010/10/21
  ・最近は落ち着いているが、物価はやや上昇傾向
   例.調理用オイル(2リットル) → 通常価格US$2.65だったのがUS$3.3に値上げ
  ※貧富の差が拡がるにつれ、犯罪が増加傾向にあるそうだ。

私の友人によれば、大学を卒業しても仕事が少ない状況は相変わらず。
外資は中国企業が多いが給与はあまり良くないそうだ。
(彼自身はミニバス(ハイエース)の交通事業を立ち上げ、奮闘中。)
--------------------------------
2010/2/8
  ・雨不足で農作物への被害があるが、今のところ食物の供給は安定。
  ・最近、強盗が増えていて、夜間に出歩くのは危険だそうだ。
  (とくに銃を使った銀行強盗が目立つらしい)
  ・教師の月給     → US$160 ※特に改善なし
--------------------------------
2009/12/17
  ・すでに国内の日常品不足は解消され、価格も安定しているそうだ。
  (相変わらずドル支払いで庶民の金欠は継続中。)
  ・教師の月給     → US$150-200
  ・一皿のSadza(主食) → US$1
  ・米 2kg       → US$2
  ・砂糖 2kg      → US$1.5
--------------------------------
2009/6/23
  ・充電式単三乾電池4本 + 充電器 → US$40
  ・単三乾電池4本 → US$12
 ※私が現地にいた2008年10月のときも同様だった(路上売りで1本、US$3)。
  電気製品は日本と同じくらい高いようである。
--------------------------------
2009/6/10
  ・依然、使用可能な通貨は南アフリカRandまたはUS$だが、食料不足は改善傾向。
  ・一般的な所得 → US$100
  ・一般的な家賃 → US$30~40
  ・一皿のSadza(主食) → US$1~
  ・一般的な野菜       → US$0.5
  ・果物(リンゴ、オレンジなど1個)→ US$1

 ※「一般的な」の詳細は不明。あくまで目安のようである。
 ※極端な低所得に対し、食料・日用品の物価は日本とそれほど変わらない。
  かなり厳しい生活を強いられているようである。
--------------------------------
2009/6/3
  ・教師、全ての(軍事以外の)公務員(civil servants)の月給がUS$100

--------------------------------
2009/5/2 ※現地の友人から初めて上向きの連絡も受けた。
  ・人々はトウモロコシの穂軸を食しているが、
   現在、トウモロコシなどが収穫され、田舎で食料が増えている。
   砂糖など基本的な品は不足しているがおおむね改善している。

--------------------------------
2009/2
  ・デノミ実施 1Z$=100,000,000,000Z$
--------------------------------
2009/1/12
  ・US$1=40,000,000,000Z$

--------------------------------
2008/12/15
  ・US$1=20,000,000Z$
  ・米1kgは40Rand(南ア通貨)≒4US$
  ※多くの物品・食料は商売人が南ア等周辺国から持ち込んで売っている。
   外国通貨でないと買えないとのこと
  ・現在主な流通紙幣は100milion、200milion、500milionZ$札となっている。
  ※ニュースで「12/12から2億札、5億札の発行開始」とあったが事実らしい。
  ・治安については、徐々に悪くなっている印象らしい。
   もともと犯罪の少ない国だが盗みが増えているそうだ。

私の友人家族も食料が買えなくなっているため、送金や食料品を送る支援を申し出た。
上記の米の値段を考えると送料を入れると日本の方が高めなので送金することにした。
とりあえず12/16 US$300を送金。(これで、目を患っている母親の医療費および数ヶ月分の食費に当てるそうだ。何にいくら使った等と几帳面に伝えてきてくれ、節約して大切に使っている様子が伺える。)

--------------------------------
2008/12/4
  ・主食のSadzaの原料となるトウモロコシ粉の値段も高騰。
   10Kg(4人家族で2週間分の量)でUS$15。
  ・飢餓で子供・老人が亡くなるケースが起きている。
  ・(報道通り)コレラが地方で流行っている。
--------------------------------
2008/11/18
  ・US$1=1,500,000Z$
  ・Masvingoにて全商店でZ$が使えず、Rand(南ア通貨)のみ使用可となっている。
  ・MutareではRandおよびUS$が使用可。
  ・パン一斤:800,000Z$
--------------------------------
2008/11/08
  ・US$1=800,000Z$
  ・一日に銀行から下ろせる額:500,000Z$
  ・パン一斤:500,000Z$
  ・警察官の月給:1,500,000Z$
--------------------------------以下は現地での実勢レート
2008/10/14
  ・US$1=16,000Z$ (Bulawayo)
  ・一日に銀行から下ろせる額:40,000Z$
  ・バナナ一本:3,000Z$
--------------------------------
2008/10/10
  ・US$1=9,500Z$ (Harare)
--------------------------------
2008/8
  ・デノミ実施 1Z$=10,000,000,000Z$
--------------------------------
2008/7/28
  ・US$1=100~200,000,000,000Z$ (Harare)

旅(2009夏)の雑感

今回は紛争地域であるアフガニスタン、パキスタン北西部への撮影旅行であったため、持参した自転車の出番も少なく、都市間移動で用いたのはアフガニスタンで5回(述べ7日間)、パキスタンで3回(5日間)のみでした。その他は、主に乗合バスでの移動を余儀なくされました。


■日程
・ 6/8 - 6/27 パキスタン
(主な訪問都市:Rawal Pindi,Peshawar )
・ 6/27 - 8/5 アフガニスタン
(主な訪問州Kabul,Balkh,Jowzjan,Kondoz,Takhar,Badakhshan,Baghlan,Panjshir,Parvan )
・ 8/6 - 9/7 パキスタン
(主な訪問地域:Kalash )


■アフガニスタン
いわゆる宿がないため、食堂や警察署に泊まることになりました。外国人への抵抗感も根強く、街から外れると地元の子供から石を投げられる日々でした。
しかし、ニュースで見られるような(先日の大統領選や「9.11」の8周忌でアフガンの映像を見る機会もあったかと思いますが)戦闘地域はごくごく一部で多くの人は目の前の暮らしに一喜一憂し、そして淡々と日々を送っているのです。
私も(十分な注意を払いつつも)いつもと同じスタイルです。街を歩き、自転車に乗り、出会った人と話して、そのうち何人かを撮らせてもらう。さらに、そのうち何人かは、出会ったばかりの私に笑顔をくれる。

それでも、好奇心を満たすだけの旅行をする場所ではない、ことをあらためて強調しておきたいと思います。実際に危険な連中が多いのも確かです。ライフル銃を向けられることも、大金を失うこともありました。身に着けているもの(ズボン、シャツ、メガネ、カメラバック、カメラ・・・)の傷み具合を見ても尋常ではありませんでした。州都ではかなりの数の欧米人が活動しているはずですが、街を歩いていて見かけることはほぼ皆無でした。


■パキスタン
北西部の谷に暮らしているKALASHという少数民族、とりわけ女性ばかりを主に撮っていました。あきらかに長らくイスラム社会で過ごした反動ですね。
帰国前に病気になってしまい、わだ晶子さん(20年に渡って現地に住み、NGO活動をされている方)には大変お世話になりました。

Posted at 2009/09/13 15:01 | 雑記 | COM(2) | TB(0) |

トップページの「お知らせ」

2016.9.7 掲載
2016/8/23-9/6、ケニアに撮影旅行に出ていました(2年半ぶり)。今回はラクダ遊牧民 レンディーレ族の村々を訪問(Marsabit、Kargi周辺)。旅だより参照 

----------------------------------------------------------------
2015.1.15 掲載
12/25-1/13、南スーダンに撮影旅行に出ていました(独立直後の訪問以来3年半ぶり)。今回は南東部カエポタ周辺でトポサ族の村々を訪問。旅だより参照

----------------------------------------------------------------
2014.1.12 掲載
12/23-1/9、ケニアに撮影旅行に出ていました。リフトバレー州北部カクマにてトゥルカナ族の村々を訪問。(直前に部族闘争が始まった南スーダン再訪は見送り) 旅だより参照

----------------------------------------------------------------
2013.7.31 掲載
7/15-29、中国の新疆ウイグル自治区に撮影旅行に出ていました。短期間ですが主にカザフ族の多いアルタイとイスラム文化の強いカシュガルでの滞在でした。

----------------------------------------------------------------
2013.1.13 掲載
12/25-1/11、インド(主にグジャラート州)に撮影旅行に出ていました。2年前(2010/7)の続編(?)という内容ですが、また写真を掲載していきます。

----------------------------------------------------------------
2011/8/26 掲載
1ヶ月、南スーダンに撮影旅行に出ていましたが、8/25に帰国しました。(現地入院や盗難など楽な旅ではありませんでしたが、)追って写真を掲載していきます。

----------------------------------------------------------------
2011/5/10 掲載
横浜中華街のネネカフェにて、5/9からポストカード(全31種)を販売しています(関連記事)。近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

----------------------------------------------------------------
2011/4/11 掲載
「自分にできること」として、1週間足らずですが宮城県でボランティア活動しています。(エチオピア滞在でのマラリアは完全に治っています。ご心配おかけしました。)

カラーシャ族(パキスタン)水害支援に売上全額寄付のフレンドリーポストカード第2弾を発売中

----------------------------------------------------------------
2011/2/4~7 一時掲載

----------------------------------------------------------------
2011/1/25 掲載
1/21予定通りエチオピアより帰国。そのままマラリアで入院し、本日退院しました。滞在型(自転車なし)ですが、やはりアジアよりタフでした。相変わらずですが、今年も宜しくお願いします。

カラーシャ族(パキスタン)水害支援に売上全額が寄付されるフレンドリーポストカード第2弾を発売中。 売上一覧で第1期の寄付状況を掲載しています。

----------------------------------------------------------------
2010/12/21 掲載
12/22より1ヶ月エチオピアに行ってきます(7年ぶり)。ペシャワールの写真は引き続き毎日更新されますので、ぜひご覧ください。ポストカードは不在中も注文受付・発送対応しています。

カラーシャ族(パキスタン)水害支援に売上全額が寄付されるフレンドリーポストカード第2弾を発売中。 売上一覧で第1期の寄付状況を掲載しています。

----------------------------------------------------------------
2010/11/11 掲載
フレンドリーポストカード第2弾を発売しました。内容は昨年夏に滞在したカラーシャ谷での写真です。この売上げは、現地で水害対策に取り組むNGOルンブール福祉文化開発組合の緊急支援に全額寄付します。周知のご協力をお願いします!

----------------------------------------------------------------
2010/9/15 掲載
今夏の大洪水で深刻な被害を受けているパキスタン。私が昨夏1ヵ月いたカラーシャ谷(関連記事)でもインフラが破壊され、わだ晶子さん(ルンブール福祉文化開発組合代表)が支援を呼びかけています。ぜひをご協力をお願いします。 → 「緊急支援のお願い」
その他、昨夏訪れた地域ではKuand Park(関連記事)周辺が水没。友人のLiaqat氏(現地NGO;PRDS)も支援活動に奔走中です。インドから帰国して、現地から徐々に情報が入ってきて遅ればせながら驚いています。

----------------------------------------------------------------
2010/8/25 掲載
8/24にインドより帰りました。(仕事の都合で早めの帰国) インドは雨季ですが、主に乾燥している地域を自転車旅行していました。暑さと雨との格闘した日々でもあります。また少しずつ写真をアップしていくので今後とも宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2010/7/19 掲載
夏場の閑散期(婚礼写真)を利用して、7/20から1ヶ月半、インドに行ってきます。
(私の中で「時間ができた→急なプチ旅行→準備なしで楽しめる国→インド!」という図式が出来上がりつつあります。) この国は3度目ですが、再訪問ではなく別の地域を訪れると思います。

----------------------------------------------------------------
2010/4/28 掲載
パキスタンより4/27に帰国しました。(治安悪化でアフガニスタンには数日しか滞在できず、日程は1ヶ月以上の前倒し。今回は至って健康体です。) フレンドリーポストカードの人物への手紙は無事に全員に渡せました(関連記事「旅だより~」)。今後とも宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2010/3/26 掲載
現在、カラチからバロチスタン州、アフガニスタン、なぜかドバイを経由してペシャワールに来ています。治安状況の悪化で警察などからの退避命令が続き、移動を余儀なくされてきましたが、顔見知りも多いペシャワールでようやく落ち着けそうです。(去年は爆発事件が頻発していたペシャワール市街地も、ここ2、3ヶ月はテロもなく治安が改善されている印象です。)

----------------------------------------------------------------
2010/2/10 掲載
2010/3/1よりパキスタンへ再訪問します。つきましてはフレンドリーポストカードの人物への手紙を募集中です。また、集まった還元金(2/10現在3,900円)は未だ小額なので、使い道は未定のまま現地に赴きます。場合によっては次回に繰り越すことも検討します。ご了承下さい。フレンドリーポストカードは引き続き宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2009/12/28 掲載
アフガン・パキスタンの撮影旅行から続いていた、肺炎・肝炎は12中旬にようやく完治しました。気遣って頂いた皆様、有難うございます。2010年も精一杯活動していくつもりです。 フレンドリーポストカードの販売を始めました。こちらも宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2009/10/8 掲載
10月8日に退院しました。アフガン・パキスタンの撮影旅行より9月7日に帰国後、肺炎、肝炎と続けて入院していましたが、ようやく自由の身です。(週末の仕事に合わせて早めに退院したので、しばらくは自宅静養・・・。) また少しずつ更新していきますので、宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2009/10/1 掲載
9月30日より今度は肝炎で入院となりました。
3ヶ月の撮影旅行より9月7日に帰国するも、そのまま1週間、肺炎で入院。こちらは完治したものの、今度は肝炎が発覚したそうです。症状はなく全く元気なので驚きです。
更新頻度がにぶりますが、宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2009/9/15 掲載
3ヶ月の撮影旅行より9月7日に帰国。その後、肺炎で入院をしていましたが、9月14日に退院いたしました。また、少しずつ写真をアップしていきますので宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2009/9/12 掲載
9月7日、帰国しました。が、まだ家には着きません・・・。帰国の1週間前からマラリアになり、何とか成田空港までたどり着いたところで力尽き、そのまま肺炎で入院中です。月曜に退院します。(マラリアは現在は陰性。薬で治ったのか現地医師の誤診かは不明。)また、少しずつアップしていきますので宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2009/6/7 掲載
横塚は2009/6/8から旅に出ています。パキスタンから入国し、9月上旬に帰国予定です。その間、メールも含めて音信不通になります。ご容赦ください。


【随時更新】 パキスタンの治安情報 2009


タリバンとの内戦などで治安が悪化しているパキスタンについて、治安に関するニュースを収集していきます。とくにテロが頻発しているペシャワールには、旅先で親しくなった現地人たちが多くいる思い入れのある土地です。一市民としての彼らからの情報・見解なども紹介予定です。

※外務省によるパキスタン危険情報は「外務省 海外安全ホームページ」をご覧下さい。
※パキスタンの支援情報などは「国連UNHCR協会ホームページ」にも掲載されています。
※パキスタンの地理はパキスタンの行政区画、北西部の地理はFATA、NWFPの地区・管区を示した地図を参照して下さい。
2009年のパキスタンのテロ犠牲者が2008年を超え過去最悪となった。(12月28日の時点で2,281人となり2008年の2,155人を超えた。)また、テロや戦闘の死者は1万人を超えた。

2010.2.23    パキスタン、スワト地区で自動車爆弾テロとみられる爆発、6人死亡
         (パキスタン北西部・スワト地区)
2010.2.20    パキスタン部族地域で無人機攻撃、30人殺害
         (パキスタン北西部・南ワジリスタン地区)
2010.2.20    パキスタン、警察で同時テロ、2人死亡
         (パキスタン北西部・マンセラ地区)
2010.2.18    パキスタンで爆弾テロ、29人死亡50人負傷
         (パキスタン北西部・カイバル地区)
2010.2.18    パキスタン、無人機爆撃でタリバン幹部の息子殺害
         (パキスタン北西部・北ワジリスタン地区)
2010.2.17    パキスタン部族地域で無人機攻撃、死傷者 CIAか
         (パキスタン北西部・北ワジリスタン地区)
2010.2.14    パキスタン南部、自爆テロか、2人死亡
         (パキスタン南部・ダドゥ)
2010.2.14    パキスタン部族地域、無人機爆撃で5人死亡
         (パキスタン北西部・北ワジリスタン地区)
2010.2.11    パキスタン、警察狙ったテロ、少なくとも15人が死亡
         (パキスタン北西部・バンヌ地区)
2010.2.10    パキスタン部族地域、自爆テロで15人死亡
         (パキスタン北西部・カイバル地区)
2010.2.5    パキスタン、シーア派狙ったテロ、22人死亡
         (パキスタン南部・カラチ)
2010.2.3    パキスタン、車列狙った爆弾攻撃、米兵や子どもなど8人が死亡
         (パキスタン北西部・ローワーディール地区)
2010.2.2    パキスタン部族地域、米無人機がミサイル攻撃、16人が死亡
         (パキスタン北西部・北ワジリスタン地区)
2010.1.30   パキスタン、部族地域の自爆テロで14人死亡
         (パキスタン北西部・バジョール地区)
2010.1.29   パキスタン、部族地域の村落にミサイル攻撃、米国無人機か
         (パキスタン北西部・北ワジリスタン地区)
2010.1.24   パキスタン、米無人機墜落と 情報当局者
         (パキスタン北西部・北ワジリスタン地区)
2010.1.24   パキスタン、「米国のスパイ」と6人射殺
         (パキスタン北西部・北ワジリスタン地区)
2010.1.23   パキスタン、検問所襲撃で武装勢力など24人死亡
         (パキスタン北西部・オラクザイ地区、クラム地区)
2010.1.17   パキスタン、4日間で3度目の無人機ミサイル攻撃、米国か
         (パキスタン北西部・南ワジリスタン地区)
2010.1.14   パキスタン、米国無人機攻撃で10人死亡、タリバーン系司令官が負傷
         (パキスタン北西部・北ワジリスタン地区)
2010.1.9    パキスタン、2日連続のミサイル攻撃、米国の無人機か
         (パキスタン北西部・北ワジリスタン地区)
2010.1.8    パキスタン、テロリストの潜伏先か。民家で爆発、6人死亡
         (パキスタン南部・カラチ)
2010.1.6    パキスタン部族地域、無人機爆撃で4人死亡
         (パキスタン北西部・北ワジリスタン地区)
2010.1.6    パキスタン、自爆テロで兵士4人死亡
         (パキスタン北東部・アザドカシミール特別州)
2010.1.3    パキスタン、無人機攻撃で教師親子が死亡
         (パキスタン北西部・北ワジリスタン地区)
2010.1.3    パキスタンの地方閣僚ら4人が爆弾テロで死亡
         (パキスタン北西部・バグト)
2010.1.1    パキスタンで無人機爆撃、3人死亡
         (パキスタン北西部・北ワジリスタン地区)
2010.1.1    パキスタン、バレーボールの試合中に自爆攻撃、死傷者多数
         (パキスタン北西部・バンヌ地区)
2009.12.30  パキスタン、病院内で軍、武装勢力が8時間交戦、死者
         (パキスタン北西部・南ワジリスタン地区)
2009.12.30  パキスタン、武装集団が銃撃、国際部隊補給車の2人死亡
         (パキスタン南西部・バルチスタン州・カラト地区)
2009.12.28  パキスタン、シーア派行事で爆発 15人死亡(パキスタン南部・カラチ)
2009.12.27  パキスタン北東部で自爆テロ、7人死亡
         (パキスタン北東部・ムザファラバード)
2009.12.25  パキスタンの3カ所の学校で爆弾テロ、タリバーン系関与か
         (パキスタン北西部・ペシャワールなど)
2009.12.24  パキスタン・ペシャワルで自爆攻撃、4人死亡
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.12.22  パキスタン北西辺境州の記者クラブで自爆テロ、4人死亡
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.12.18  パキスタン北西部のモスク前で自爆テロ、10人死亡
         (パキスタン北西部・ロワーディール地区)
2009.12.15  パキスタン中部で自動車爆弾テロ、30人以上死亡
         (パキスタン中部・デラガジカーン)
2009.12.8  パキスタン、自爆攻撃で9人が死亡、24時間で3回目
         (パキスタン東部・ムルタン)
2009.12.7  パキスタン、東部の市場で連続テロ、46人死亡(パキスタン東部・ラホール)
2009.12.7  パキスタン、ペシャワルの裁判所で再び自爆テロ、10人死亡
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.12.4  パキスタン、武装集団がモスク襲撃、交戦で40人死亡
         (イスラマバード近郊・ラワル ピンディ)
2009.12.2  パキスタン、海軍総司令部に自爆攻撃4人死傷(イスラマバード)
2009.12.1  パキスタン、自爆テロで州議会議員ら計17人死傷
         (パキスタン北西部・スワート地区)
2009.11.19 パキスタン、ペシャワルの地裁で自爆テロ、19人死亡
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.11.17 パキスタン西部で警察狙いテロ、1人死亡(パキスタン西部・クエッタ)
2009.11.16 パキスタン・ペシャワルの学校付近で自爆攻撃、4人死亡
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.11.15 パキスタン北西辺境州で反タリバーン派指導者殺害
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.11.14 ペシャワルで連続2日目の自爆攻撃、死者11人
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.11.13 パキスタンでテロ2件、17人死亡
         (パキスタン北西部・ペシャワール、バンヌ地区)
2009.11.12 ペシャワルの路上で銃撃、イラン領事館の広報責任者を殺害
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.11.10 ペシャワル郊外で自爆テロ、買い物客ら32人が死亡
         (パキスタン北西部・チャルサダ)
2009.11.9  ペシャワルでまた自爆テロ、警官ら3人死亡
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.11.8  パキスタンで自爆テロ、タリバンが犯行声明
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.11.2  パキスタンで自爆テロ2件、死者30人超す
         (イスラマバード近郊・ラワル ピンディ、パキスタン東部・ラホール)
2009.10.28 ペシャワル、自動車の爆弾爆発、市民ら80人超す犠牲
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.10.25 バロチスタン州教育相が狙撃され死亡(パキスタン西部バロチスタン州)
2009.10.23 パキスタンで爆弾テロ、少なくとも15人負傷
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.10.23 パキスタンの航空施設付近の検問で自爆攻撃、市民など6人死亡
         (イスラマバード近郊)
2009.10.23 パキスタンで爆弾攻撃相次ぐ、結婚式参列者のバスが地雷で爆破
         (パキスタン北西部・モハマンド地区)
2009.10.22 パキスタン首都で軍車両狙った襲撃、軍高官ら2人が死亡
         (イスラマバード)
2009.10.20 パキスタンの大学で連続自爆攻撃、少なくとも7人死亡
         (イスラマバード)
2009.10.19 パキスタン軍、「タリバン運動」掃討作戦で78人殺害
         (パキスタン北西部・南ワジリスタン地区)
2009.10.16 パキスタン、自爆テロ、11人死亡(パキスタン北西部ペシャワール)
2009.10.15 パキスタンでテロ続発、警察施設同時襲撃も
         (パキスタン東部・ラホール、北西部ペシャワール、コハート)
2009.10.13 パキスタン軍、タリバン拠点を空爆 司令官など6人殺害
         (パキスタン北西部・南ワジリスタン地区)
2009.10.12 パキスタンで自爆テロ、41人が死亡 (パキスタン北西部・シャングラ地区)
2009.10.10 パキスタン、武装集団が軍襲撃、19人死亡
         (イスラマバード近郊・ラワル ピンディ(Rawal Pindi))
2009.10.9 パキスタンで自爆テロ、49人死亡 (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.10.5 パキスタン、国連事務所で自爆テロ、5人死亡 (イスラマバード)
2009.9.26 パキスタンで自爆テロ2件、16人死亡
         (パキスタン北西部・ペシャワール、北西部バヌー地区)
2009.9.18 パキスタンで自爆テロ、25人が死亡 (パキスタン北西部・コハート(Kohat))
2009.9.7 カラーシャ谷でギリシャ人誘拐事件 (パキスタン北西辺境州チトラル郡)
     ※現地在住のわだ晶子さんのブログに詳細が掲載されています。
      本人は観光客がますます減ってしまうので「あまり書きたくない話題」としています。

・・・・・・・
2009.6.12 パキスタンで自爆テロ 100人超死傷 
         (パキスタン東部・ラホール、北西部・ナウシェラ(Nowshera))
     ※本ブログ関連記事 ⇒ 「2009/6/13 親日家のYousaf Irshadさん」
2009.6.9 テロか大規模爆発 ペシャワルの五つ星ホテル死者16人
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
     ※本ブログ関連記事
             ⇒
「2009/6/16 6.9パールコンチネンタル ホテルでのテロ事件現場」
2009.6.4 パキスタン、武装勢力がペシャワル近郊の女子校を爆破
         (パキスタン北西部・ペシャワール南部バダベル)
2009.5.28 パキスタンで連続爆弾テロ、14人死亡 (パキスタン北西部・ペシャワール)
     ※本ブログ関連記事 ⇒ 「2009/6/16 5.28 Qissa Khawaniでのテロ事件現場」
2009.5.27 報復テロか、爆発で40人死亡 パキスタン (パキスタン東部・ラホール)
2009.5.22 パキスタン、映画館前で爆弾テロ (パキスタン北西部・ペシャワール)
     ※本ブログ関連記事 ⇒ 「2009/6/16 5.22映画館前でのテロ事件現場」
2009.5.16 パキスタンで爆弾テロ2件 (パキスタン北西部・ペシャワール)
2009.3.27 パキスタン、部族地域のモスクで自爆テロ 48人死亡
         (パキスタン北西部・カイバル地区ジャムルード)
2009.3.16 パキスタン、タリバンがNATO軍向け物資輸送トラックを攻撃
         (パキスタン北西部・ペシャワール郊外)
2009.3.5  パキスタン、タリバンが音楽ソフトやDVDの販売店を爆破
         (パキスタン北西部・ペシャワール北西の町)
2008.12.28 パキスタン、大規模な自爆攻撃、36人死亡(パキスタン北西部・ブネル地区)
2008.12.8  パキスタン、武装グループ、NATO用車両100台に再び放火
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2008.12.7  パキスタン、タリバン200人がNATO軍襲撃、トラック65台焼失
         (パキスタン北西部・ペシャワール)
2008.12.5  パキスタン、爆弾が爆発、死傷者多数
         (パキスタン北西部・オラクザイ地区、ペシャワール)
     ※本ブログ関連記事 ⇒ 「2009/6/16 12.5 Qissa Khawaniでのテロ事件現場」


※最近のテロ事件などのニュースを集めています。(全てを網羅できているとは限りません。)