スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅(2009夏)の雑感

今回は紛争地域であるアフガニスタン、パキスタン北西部への撮影旅行であったため、持参した自転車の出番も少なく、都市間移動で用いたのはアフガニスタンで5回(述べ7日間)、パキスタンで3回(5日間)のみでした。その他は、主に乗合バスでの移動を余儀なくされました。


■日程
・ 6/8 - 6/27 パキスタン
(主な訪問都市:Rawal Pindi,Peshawar )
・ 6/27 - 8/5 アフガニスタン
(主な訪問州Kabul,Balkh,Jowzjan,Kondoz,Takhar,Badakhshan,Baghlan,Panjshir,Parvan )
・ 8/6 - 9/7 パキスタン
(主な訪問地域:Kalash )


■アフガニスタン
いわゆる宿がないため、食堂や警察署に泊まることになりました。外国人への抵抗感も根強く、街から外れると地元の子供から石を投げられる日々でした。
しかし、ニュースで見られるような(先日の大統領選や「9.11」の8周忌でアフガンの映像を見る機会もあったかと思いますが)戦闘地域はごくごく一部で多くの人は目の前の暮らしに一喜一憂し、そして淡々と日々を送っているのです。
私も(十分な注意を払いつつも)いつもと同じスタイルです。街を歩き、自転車に乗り、出会った人と話して、そのうち何人かを撮らせてもらう。さらに、そのうち何人かは、出会ったばかりの私に笑顔をくれる。

それでも、好奇心を満たすだけの旅行をする場所ではない、ことをあらためて強調しておきたいと思います。実際に危険な連中が多いのも確かです。ライフル銃を向けられることも、大金を失うこともありました。身に着けているもの(ズボン、シャツ、メガネ、カメラバック、カメラ・・・)の傷み具合を見ても尋常ではありませんでした。州都ではかなりの数の欧米人が活動しているはずですが、街を歩いていて見かけることはほぼ皆無でした。


■パキスタン
北西部の谷に暮らしているKALASHという少数民族、とりわけ女性ばかりを主に撮っていました。あきらかに長らくイスラム社会で過ごした反動ですね。
帰国前に病気になってしまい、わだ晶子さん(20年に渡って現地に住み、NGO活動をされている方)には大変お世話になりました。

スポンサーサイト
Posted at 2009/09/13 15:01 | 雑記 | COM(2) | TB(0) |

トップページの「お知らせ」

2016.9.7 掲載
2016/8/23-9/6、ケニアに撮影旅行に出ていました(2年半ぶり)。今回はラクダ遊牧民 レンディーレ族の村々を訪問(Marsabit、Kargi周辺)。旅だより参照 

----------------------------------------------------------------
2015.1.15 掲載
12/25-1/13、南スーダンに撮影旅行に出ていました(独立直後の訪問以来3年半ぶり)。今回は南東部カエポタ周辺でトポサ族の村々を訪問。旅だより参照

----------------------------------------------------------------
2014.1.12 掲載
12/23-1/9、ケニアに撮影旅行に出ていました。リフトバレー州北部カクマにてトゥルカナ族の村々を訪問。(直前に部族闘争が始まった南スーダン再訪は見送り) 旅だより参照

----------------------------------------------------------------
2013.7.31 掲載
7/15-29、中国の新疆ウイグル自治区に撮影旅行に出ていました。短期間ですが主にカザフ族の多いアルタイとイスラム文化の強いカシュガルでの滞在でした。

----------------------------------------------------------------
2013.1.13 掲載
12/25-1/11、インド(主にグジャラート州)に撮影旅行に出ていました。2年前(2010/7)の続編(?)という内容ですが、また写真を掲載していきます。

----------------------------------------------------------------
2011/8/26 掲載
1ヶ月、南スーダンに撮影旅行に出ていましたが、8/25に帰国しました。(現地入院や盗難など楽な旅ではありませんでしたが、)追って写真を掲載していきます。

----------------------------------------------------------------
2011/5/10 掲載
横浜中華街のネネカフェにて、5/9からポストカード(全31種)を販売しています(関連記事)。近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

----------------------------------------------------------------
2011/4/11 掲載
「自分にできること」として、1週間足らずですが宮城県でボランティア活動しています。(エチオピア滞在でのマラリアは完全に治っています。ご心配おかけしました。)

カラーシャ族(パキスタン)水害支援に売上全額寄付のフレンドリーポストカード第2弾を発売中

----------------------------------------------------------------
2011/2/4~7 一時掲載

----------------------------------------------------------------
2011/1/25 掲載
1/21予定通りエチオピアより帰国。そのままマラリアで入院し、本日退院しました。滞在型(自転車なし)ですが、やはりアジアよりタフでした。相変わらずですが、今年も宜しくお願いします。

カラーシャ族(パキスタン)水害支援に売上全額が寄付されるフレンドリーポストカード第2弾を発売中。 売上一覧で第1期の寄付状況を掲載しています。

----------------------------------------------------------------
2010/12/21 掲載
12/22より1ヶ月エチオピアに行ってきます(7年ぶり)。ペシャワールの写真は引き続き毎日更新されますので、ぜひご覧ください。ポストカードは不在中も注文受付・発送対応しています。

カラーシャ族(パキスタン)水害支援に売上全額が寄付されるフレンドリーポストカード第2弾を発売中。 売上一覧で第1期の寄付状況を掲載しています。

----------------------------------------------------------------
2010/11/11 掲載
フレンドリーポストカード第2弾を発売しました。内容は昨年夏に滞在したカラーシャ谷での写真です。この売上げは、現地で水害対策に取り組むNGOルンブール福祉文化開発組合の緊急支援に全額寄付します。周知のご協力をお願いします!

----------------------------------------------------------------
2010/9/15 掲載
今夏の大洪水で深刻な被害を受けているパキスタン。私が昨夏1ヵ月いたカラーシャ谷(関連記事)でもインフラが破壊され、わだ晶子さん(ルンブール福祉文化開発組合代表)が支援を呼びかけています。ぜひをご協力をお願いします。 → 「緊急支援のお願い」
その他、昨夏訪れた地域ではKuand Park(関連記事)周辺が水没。友人のLiaqat氏(現地NGO;PRDS)も支援活動に奔走中です。インドから帰国して、現地から徐々に情報が入ってきて遅ればせながら驚いています。

----------------------------------------------------------------
2010/8/25 掲載
8/24にインドより帰りました。(仕事の都合で早めの帰国) インドは雨季ですが、主に乾燥している地域を自転車旅行していました。暑さと雨との格闘した日々でもあります。また少しずつ写真をアップしていくので今後とも宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2010/7/19 掲載
夏場の閑散期(婚礼写真)を利用して、7/20から1ヶ月半、インドに行ってきます。
(私の中で「時間ができた→急なプチ旅行→準備なしで楽しめる国→インド!」という図式が出来上がりつつあります。) この国は3度目ですが、再訪問ではなく別の地域を訪れると思います。

----------------------------------------------------------------
2010/4/28 掲載
パキスタンより4/27に帰国しました。(治安悪化でアフガニスタンには数日しか滞在できず、日程は1ヶ月以上の前倒し。今回は至って健康体です。) フレンドリーポストカードの人物への手紙は無事に全員に渡せました(関連記事「旅だより~」)。今後とも宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2010/3/26 掲載
現在、カラチからバロチスタン州、アフガニスタン、なぜかドバイを経由してペシャワールに来ています。治安状況の悪化で警察などからの退避命令が続き、移動を余儀なくされてきましたが、顔見知りも多いペシャワールでようやく落ち着けそうです。(去年は爆発事件が頻発していたペシャワール市街地も、ここ2、3ヶ月はテロもなく治安が改善されている印象です。)

----------------------------------------------------------------
2010/2/10 掲載
2010/3/1よりパキスタンへ再訪問します。つきましてはフレンドリーポストカードの人物への手紙を募集中です。また、集まった還元金(2/10現在3,900円)は未だ小額なので、使い道は未定のまま現地に赴きます。場合によっては次回に繰り越すことも検討します。ご了承下さい。フレンドリーポストカードは引き続き宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2009/12/28 掲載
アフガン・パキスタンの撮影旅行から続いていた、肺炎・肝炎は12中旬にようやく完治しました。気遣って頂いた皆様、有難うございます。2010年も精一杯活動していくつもりです。 フレンドリーポストカードの販売を始めました。こちらも宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2009/10/8 掲載
10月8日に退院しました。アフガン・パキスタンの撮影旅行より9月7日に帰国後、肺炎、肝炎と続けて入院していましたが、ようやく自由の身です。(週末の仕事に合わせて早めに退院したので、しばらくは自宅静養・・・。) また少しずつ更新していきますので、宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2009/10/1 掲載
9月30日より今度は肝炎で入院となりました。
3ヶ月の撮影旅行より9月7日に帰国するも、そのまま1週間、肺炎で入院。こちらは完治したものの、今度は肝炎が発覚したそうです。症状はなく全く元気なので驚きです。
更新頻度がにぶりますが、宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2009/9/15 掲載
3ヶ月の撮影旅行より9月7日に帰国。その後、肺炎で入院をしていましたが、9月14日に退院いたしました。また、少しずつ写真をアップしていきますので宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2009/9/12 掲載
9月7日、帰国しました。が、まだ家には着きません・・・。帰国の1週間前からマラリアになり、何とか成田空港までたどり着いたところで力尽き、そのまま肺炎で入院中です。月曜に退院します。(マラリアは現在は陰性。薬で治ったのか現地医師の誤診かは不明。)また、少しずつアップしていきますので宜しくお願いします。

----------------------------------------------------------------
2009/6/7 掲載
横塚は2009/6/8から旅に出ています。パキスタンから入国し、9月上旬に帰国予定です。その間、メールも含めて音信不通になります。ご容赦ください。


パキスタン2009/6- 基本情報

パキスタンに入国した目的は、アフガンへ陸路で入ることにあった。私は数年前の情報をもとにペシャワールを目指した。ここ数ヶ月、タリバンと政府軍との戦闘が激化するNWFP(北西辺境州)の州都でもあり、ペシャワールでもテロが目立っていた。すでに外国人は退避していたようだった。当初、私は首都イスラマバードから自転車で目指したのだが、3日目に断念することになる。6月12日、宿泊した場所(と言っても24時間営業のガソリンスタンド泊)に近い町Nowsheraのモスクにてテロがあり、その数日前にはペシャワール中心部の繁華街(Qissa Khawani)と、外国人が泊まる高級ホテル(パールコンチネンタルホテル)でもテロが起きていた。翌日、現地人に止められて仕方なくバスでイスラマバードに返された。6月15日、列車でペシャワールに入った。列車は不規則だが1日1本だけ動いていた。
結局、外国人は空路でしかアフガンには入国できないのだが、空港でのトラブルもあり2週間近くペシャワールに滞在することになった。今回も自転車移動を想定し、荷物は極力少なく、ガイドブックも持っていない。アフガンについては語学を含めて入念な下調べをしていたが、パキスタンについてはかなり真っ白の状態であった。その分、目の前の物事に新鮮さがあった。いやおうなく治安状況の影響を受け、テロ現場や避難民キャンプへも足を運んだ。
それにしても、ペシャワール会の中村医師ではないが、(タリバンの主要民族でもある)パシュトゥン人と接すると、彼らのホスピタリティに感激し、やはり私も彼らを好きになっていた。

■期間 2009/6/8 - 2009/6/27

-----以下、パキスタン、アフガニスタンを通しての情報-----
■期間 2009/6/8 - 2009/9/7
■費用 滞在費¥85,000
      ※航空券(ペシャワール⇒カブール)¥23,000、盗難紛失¥15,000を含む
     往復航空券¥107,940 ※現地出国税等を含む
■カメラ機材
ボディ  Canon EOS5D MarkⅡ ※バッテリー5個、CF計144GB、充電器
レンズ  EF24-70 F2.8L USM
      EF75-300 F4-5.6 IS USM
ストロボ 580EX Ⅱ
■プリンタ
  Canon SELPHY CP750 ※バッテリー2個、専用インクカセット・用紙200枚分
■折り畳み自転車
 コーナンの安物¥8,800 ※パンク修理一式、ポンプ、チューブ2個、キャリアバッグ
■資料
      地図(Afghanistan)、語学本(ダリー語、2冊)
■その他
      変換プラグ、延長コード など

2009/6/9 鉄工所の男たち(1)


Rawal Pindi(首都イスラマバードに隣接する旧市街)にて。
どこの国でも肉体労働者は陽気で優しい。私の好きな連中である。









2009/6/9 鉄工所の男たち(2)








2009/6/9 Rawal Pindi駅


駅の周辺、敷地の入り口には警官が多いのだが、中に入るととてものどかな雰囲気だった。



パーキングチケット売り。駐車料金は、自動車・リキシャーは10Rs(約13円)、自転車・バイクは5Rs。支払わない人も多く、いい加減ようだった。Muhamad Wagas君(13歳)は学校へは行っていないそうだ。



「朝晩以外は客が少ないので暇だ」と駅にはたくさんのタクシードライバーがたむろしていた。Zulfikhar Ahmadさん(41歳、子供3人)は一日1500Rs(約1900円)も稼ぐそうだ。ここではタクシードライバーはかなり良い仕事のようだ。



タクシードライバーのSafdar Khanさん(51歳)。髪の色は染めている。駅を利用する富裕層には男女ともオシャレな人が目立った。カメラを向けることはできなかったが、ムスリム女性の服装やスカーフもカラフルでわりと自由な雰囲気だった。



タクシードライバーのKazi Khurshidさん(54歳)。「前歯は妻に殴られて失ったよ」と冗談をとばしていた。

2009/6/9 墓石屋


Rawal Pindiの墓石屋。墓石彫り職人のNadeem君(18歳)。写真の墓石は4000Rs(約5000円)。1つ彫るのに8日ほどかかるそうだ。






  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。