2009/6/29 アフガンのハザラ人(シーア派)


8/30撮影。昼にマザリシャリフに到着。カブールからのバスで親しくなったFarshidさん(写真左)の家に一泊することになった。Sayed Abad(ハザラ人(シーア派)が多い地区)にあり、家の入口(写真右側)のみ1階であとは半地下になっている。屋内は夏でも涼しかった。
ハザラ人以外の多くはスンニ派であり、Sayed Abadにはそれぞれのモスクが建っている。部外者には分かりにくいが別のコミュニティを形成しているそうだ。写真右は兄のMuhammadさん(韓国の建設会社でブルドーザの運転手をしている。息子が2人)。



8/30撮影。Farshidさん(30歳)の一家はイラン出身のハザラ人で30年前にアフガンに移って来た。(彼自身はイランで教育を受けていたのでアフガンに来たのはわずか2ヶ月前。)カブールには就職活動で訪れていたそうだ。写真右は姪のNedaさん。



Farshidさんの従兄弟(写真右から2人目)と友人が働く建設会社にて。英語が上手な友人(左から2人目)は失業中で「ハザラ人はコネが少なく、仕事がなかなか見つからない」と言っていた。アフガンでハザラ人の地位は低い。貧しい山岳地域に多く居住している。Farshidさん自身も「ここでは見つからないので、カブールかバーミヤンで探している」そうだ。バーミヤンはハザラ人の本拠地で仕事が見つけやすいらしい。



8/30撮影。出勤するのにチャダリを被る、Farshidさんの妹Nargesさん(25歳、銀行勤務)。ここの家族はイラン(シーア派)のムスリムであり、女性隔離などの面で寛容であった。女性たちも含めて家族全員と私も一緒に食事をしたり、家族団らんをできた。年配の母や姉妹も普通に写真を撮らせてくれた。(ここでは大人の女性の顔写真は公開しない。)

この日以降、(何者かが知れない薄気味悪さを感じてしまいがちな)チャダリ女性を見ても、Nargesさんのように笑顔が素敵でオシャレな女性かもしれない、と思えるようになった。



8/30撮影。私もチャダリを着させてもらった。頭まですっぽり被ると視界が狭く、息苦しい。足元が見えず、慣れないと歩くのも楽でなかった。



私の自転車に乗ってケータイで記念写真を撮る女の子たち(下の妹Raziehさん(10年生)とそのクラスメートのMaryamさん)。