2010/3/18 カンダハール警察署での軟禁生活


3/17夜にアフガン警察に逮捕され、宿から警察署に連行された。(制服の警官が持っていたライフルがレーザー照準付きであった。カンダハール(Kandahar)の警官でも限られた部隊の装備だと思われる。通常はどこでも安いカラシニコフ銃ばかりを見かけた。)
警察への連行は、アフガンやパキスタンではよくある事だったので、いつも通り事情を説明し、荷物は全てチェックされた。(不快だったのは、ノートパソコンとカメラのメモリカードの中身も見られたことだが、仕方ない。)
とにかく「パキスタンから陸路で来た外国人」ということで、テロリストかスパイかと疑われた。
日付が変わる頃、取調べが終わって、その部屋の机の上で寝た。

写真は翌朝、その部屋の窓ガラス。3/15の多発テロで東側の窓ガラスは全て割れたそうだ。この警察本部の前での爆発だけで、35人が死亡、53人が負傷している。

3/18は外事課に連れて行かれた。警察が日本大使館に連絡し、次の航空便(3/20)でカブールへ行かされる事になった。
結局、このあと行こうと思っていた西部・ヘラート(Herat)へは行けずに終わった。



3/19撮影。19日の朝に、それまでいた部屋から別棟に移動した。トイレに行くのも見張りが付いて来る状況だが、基本的に一人でベッドで横になれる部屋になり気がラクになった。もちろん、部屋からは出れないし退屈した。



3/19撮影。皆に混じって食事を頂く。ナンとチャイだけのときもあったが、この日の昼食は豪華だった。



3/19撮影。昼寝中のドライバーさん。



3/19撮影。礼拝をするMuhammad Sadikさん。私服だが警官。



3/19撮影。毎晩10:00ごろ、大きなエンジン音とともに軍の車両2~3台が署内に戻ってくる。非常時に備えてか(?)エンジンをかけっ放しなのが印象的であった。冷たいものでも飲みながら、陽気に大声で歓談する兵士の雰囲気は白人のように思えた。外国軍なのだろうか。



3/20撮影。まだ薄暗い早朝(6時前)に起こされた、カンダハール空港へ。カンダハール警察も空港内に入れず、引き渡された私は、空港の入口・チェックイン時と2度の荷物検査を受けた。ここでも「お前がテロリストかどうか調べる必要がある」と言われた。厳重なのは仕方がないがウンザリぎみ。

カブールへ向かう途中、3/20撮影。去年訪れた夏とは異なり、ヒンドゥークシ山脈には雪が多く見られた。

※ 画像をクリックすると拡大します。


カブールでは、日本大使館で昼飯をごちそうになった(カレーうどん)。
この日は大使館周辺でテロ警戒態勢が敷かれていて、「一日も滞在して欲しくない」という旨でパキスタン行きの便を待たずに、午後の便でドバイ(Dubai)へ出国した。旅はUAEへと続く・・・