【2010/4/9 Dumagali Stの肉屋街(1)】


「猫」のあだ名を持つMushie君、6歳。肉屋の父の方針で学校には通わずに従兄弟のZulfiqaraliさんと店番をしていた。店では主に馬足肉を売っているが、需要の多い冬は100Rs前後、夏場は60Rsだそうだ。(牛足も同様に冬は250Rs、夏は100Rsと暑い季節は値下がる。一般の肉は年中同じような価格だ。) Dumagali St (ペシャワール)。

※ 画像をクリックすると拡大します。