【2010/4/22 Pakirさん、50歳】


言葉が通じず、謎が多いおじさん。 ムチプラ (ペシャワール)。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/4/22 Dumagali Stの肉屋街(6)】


山羊の頭を裁くShazarさん(21歳)。日給200Rs(約210円)だそうだ。



私がしばらく話しかけていたら、カワ(緑茶)休憩にして私も一杯ごちそうになった。
お茶は、ポットとカップ3個のセット単位で、近所のチャイ屋が運んでくれる。



大量に牛の足(100Rs)の皮を剥いていたZaheerさん(25歳)。
 Dumagali St (ペシャワール)。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/4/22 Kohati Gate周辺の夜景】


ライトアップされるKohati(Qawati) Gate。






Makba Shah Khanさん(写真左)の果物屋台。息子Doorat Khan君(11歳)も店を手伝う。 Kohati Gate (ペシャワール)。

※ 画像をクリックすると拡大します。

【2010/4/22 チャトラーリ・バザールの運び屋たち(6)】


Anmal Seedさん。私は明日ペシャワールを去るため、この日は懇意にしていた人たちを訪れて、別れの挨拶をして回った。彼もその一人。
関連記事「【2010/3/30 チャトラーリ・バザールの運び屋たち(2)】」



服を運ぶNaseeb Khanさん。
関連記事「【2010/4/16 チャトラーリ・バザールの運び屋たち(4)】」



Qissa Khawaniの電器屋街にて。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/4/22 ペシャワールのバス車内】


常に忙しい運賃収集係のあんちゃん。おんぼろのローカルバスだが外観に劣らず車内も派手な色使いだ。この日はLahore Bus Stationへチケットを買いに出かけた。(運賃はKhyber Bazarから9Rs(約10円)) 翌日、26時間のバス移動でカラチへ向かった。評判の良いバス会社Madina Daewaoでチケット代1,200Rs。(通常は22時間で着くそうだ。)
関連記事「【2010/4/3 バスの顔】」
関連記事「【2009/6/16 ペシャワールの街角(1)】」

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/4/26 カラチのチャイ運び屋】


カラチ中心部サダル地区にて。チャイ屋のPoopoさん(23歳)は注文を受けて近所へチャイ(ミルクティ)を出前する。出前の最中に他から注文を受けたりと、忙しそうに行ったり来たりしていた。1日150Rsで月収は5,000Rs(約5,300円)くらいだそうだ。 Saddar (カラチ)。

※ 画像をクリックすると拡大します。





【2010/4/26 カラチの食堂による配給(1)】


カラチでは、食事時に食堂前の路上に人が集まる光景をよく見かける。自分で食事がとれない貧しい人たちが配給待ちをしているのだ。
 写真は、朝9時ごろカラチ中心部サダル地区にある食堂(写真右奥、Gulf Hotel付近)の前にて、配給を待つAmrid君(写真右)兄弟。ゴミ拾いで生計を立てている。



Saddar (カラチ)。

※ 画像をクリックすると拡大します。