【2010/8/3 州の植林活動で働く人々(3)】


1日に数百本の苗木を植えているそうだ。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/3 州の植林活動で働く人々(4)】


従事者の多くは女性であり、穴掘りなどの重労働もこなす。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/3 州の植林活動で働く人々(5)】


幼い子供の面倒を見ながら働く者も目立った。



昼の食事休憩。



従事した労働者の出勤簿を付ける男性。彼らが現場監督のようだった。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/3 Phalodiまでの道中】


Bap近郊。自転車で通学する少年たち。



途中、道路が30㎝ほど冠水していた。ズボンをまくってサンダルで自転車をこいで突破。最後はPhalodi手前でパンクをして歩いて町に着いた。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/3 Phalodiの野菜売り】


Phalodiに14時過ぎに着いて、濡れたクツや靴下などを洗濯した。
 写真は町で出会った野菜売りAshokさん、18歳。ニンニク100Rs(約200円)/kgなどを売って、月に3000Rsを稼ぐ。



バナナ(1本4Rs)などを売っていたSalimさん、37歳。月収5000Rsほどになるそうだ。リンゴは100Rs/kg、パイナップルは25Rs/1個だ。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/3 Phalodiの靴磨き】


Chaina Ram君、16歳。路上で靴磨き・修理をしている。いつもは父がここで働いていて今日は代理だそうだ。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/3 Phalodiのスイーツ屋】


スイーツ屋の息子Pankaj君(20歳、写真左)と長話をした。彼は学生で英語が話せる。たまたま夏休みで帰省していたそうだ。ここはスイーツで有名で、毎日50kg分は売れるという。(写真の棚のように、夜には品は殆どなくなっていた。)
 彼によれば、この町の人はベジタリアンで乳製品はOKだが卵はNG。(一般にヒンドゥーは菜食主義者が多い。ムスリムの多い町や都会でないと、肉のある食堂も少ない。)また、ここでも一般に「同じカースト内で結婚するのが当たり前」だそうだ。

※ 画像をクリックすると拡大します。