【2010/8/10 Falna唯一のモスク(2)~ 教師たちの休日】


モスクの中を案内してもらった。マドラサ(神学校)には生徒は120人いるそうだが、この日は休みで生徒は不在だった。
 同じく教師のMuhammad Asnad Razaさん(27歳、写真左)は月給4,000Rs(約8,000円)。英字新聞を読んでいた。バナナとチャイで旅人をもてなしてくれた。



間口が狭くて分からなかったが、離れてみるとモスクらしい外観であった。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/10 Falnaのパンク修理屋】


珍しく前輪がパンク。何人かに聞いてようやくKapura Ramさんの店で修理してもらった。5Rs(約10円)は安い。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/10 Baliにて、草を運ぶ女性たち】


Falnaの隣町、Baliあたりで出会った女性たち。レバリ(遊牧カースト)に思えた。ガーナ村へ戻る途中だそうだ。言葉が通じず、この草が何の農作物なのかは分からなかった。




※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/10 Bali近郊、バイク二人乗りで下校する学生】


自転車に乗っていたら声をかけてきた学生たち。Baliから十数キロ離れたセワリ村に帰るそうだ。

 私はレバリ(遊牧カースト)の宿営地を探していた。彼らのほか英語が通じる人に会うたびに情報収集したが、結局、この時期には見かけないということが判明した。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/10 Bali近郊にて、放牧する少年(1)】


羊を放牧するサカーラン君。FalnaからBaliの7kmほどの道中、出会った放牧は彼が唯一だった。(Bali周辺は、乾季はレバリ(遊牧民)のキャンプが見られるらしい。)

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/10 Falna近郊、ゴミ拾いをしていた三姉妹】



※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/10 Bali近郊にて、放牧する少年(2)】


自転車で動き回った帰り道、羊を放牧するサカーラン君と再会した。言葉は通じなくても笑顔で応えてくれた。

※ 画像をクリックすると拡大します。