【2010/8/21 Shajapurにて、労働者のテント集落(3)】


近所の人が「外国人が写真を撮っている」と警察に通報したらしく、私は連行されてしまった。(「以前にテロリストが来たことがある」と言われて、2時間半たっぷりと事情聴取された。)




※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/21 Shajapurの風景】


8/20撮影。悪天候で、家や緑が黒ずんで見えた街並みのなか、ひときわ目立った寺院。



8/22撮影。バススタンドにて。



400年ほど前、ムガール帝国時代につくられた城塞跡。
現在はKendriya Vidyalayaという学校になっている。

同校の5年生、Washeem君(写真左)ら。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/21 Shajapurにて、ムスリムの多い旧市街】


とくに城壁内の旧市街で出会った人たちにムスリムが多かった。イスラムを象徴する、緑の新月旗がはためく通りも珍しくない。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/21 Shajapurにて、ラマダン(断食月)の夕食(1)】


旧市街のモスクの前にて。世界中のイスラム教徒が、ラマダンには日の出から日の入りまで断食をする。そして、日の入りに合わせて、皆で食事を共にする。(富める者も貧しい者も一緒に同じものを食べる習慣だそうだ)

旅行者をもてなすイスラムだけあって、通りすがりの私にも食事をふるまってくれた。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/21 Shajapurにて、ラマダン(断食月)の夕食(2)】


日の入りまで空腹を我慢していた若者たち。振る舞われる料理は、お祝いのときに食されることが多いチキン ブリヤニ(炊き込みご飯)。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/21 Shajapurにて、Rakhi(手首飾り)を買う人たち】


Rakhiは、ラクシャ・バンダンという祭りで、女性が兄弟の手首に付ける、お守り付きの手首飾り。3日後に迫り、屋台でRhakiを買い求める女性たち。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2010/8/22 Shajapurの子供たち】



※ 画像をクリックすると拡大します。