【2011/1/5 Baro川へ洗濯・水汲みに行く女性たち(1)】


通り過がりに「撮って」と言ってきたニャヌブさん。川で体を洗いに行った帰りだそうだ。



1/11撮影。水汲みや洗濯、体を洗いに来る人々。



1/11撮影。アニュワ人の漁の成果。かなりの大物。(漁師たちは撮影拒否)



1/10撮影。Tirelel村でも撮っていて顔見知りのニャバンちゃん(7歳)。

この辺りは、ヌエル人が多い。周辺の村にとってもBaro川は唯一の生活水であり、朝や夕暮れ時には大勢の人がやって来る。






弟たちと水汲みに来ていたニャグーンさん(写真中央)。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2011/1/5 Baro川へ洗濯・水汲みに行く女性たち(2)】


Baro川に水汲みに来たナビエちゃん(写真左)とニャマールちゃん(10歳)姉妹。



1/6撮影。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2011/1/5 アニュワ人の子供たち(1)】


ブランコ(破れた古い蚊帳で作られている)が好きなジャグル君(写真手前左)ら、アニュワ人の子供たち。

アニュワ人集落はBaro川の岸辺ちかくにある。よく集落を通ってはいたが、(ヌエル人のTirelul村と異なり)大人たちはなかなか親交をもってくれなかった。(あとから移住してきたヌエル人の方が力をもっていることも理由だと思われた)人懐っこい子供たちも、近づくと逃げられる場合が多かった。







※ 画像をクリックすると拡大します。


【2011/1/5 アニュワ人の子供たち(2)】


以前に釣りの写真も撮っているアドゥニちゃん(写真右)とアマニちゃん。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2011/1/5 アニュワ人の子供たち(3)】


とてもひょうきんでフレンドリーなアマニちゃんだが、カメラを向けると年下のアドゥニちゃんの後ろに隠れてしまった。



悪ふざけのケンカ(?)を始めたアマニちゃん(写真手前右)とピーター君。




※ 画像をクリックすると拡大します。


【2011/1/5 Tirelul村(Itang)、ニャーワーの家にて(1)】


ニャロワークさん甥のJohnさん(20歳、学生)と村を散歩。顔なじみのニャーワーさん(22歳)は、Johnさんの義理の姉であることも偶然わかった。



新しいスカートに履き替え、ポーズを取るニャーワーさん。

※ 画像をクリックすると拡大します。


【2011/1/5 Falang村(Itang)の人々(5)】


Tirelul村からFalang村に行く途中、ニャマールさん(15歳、写真手前左)ら女性たちがコーヒーを飲みながら楽しんでいた。Itang(街)の茶屋でたむろする男性たちは多いが、女性は皆無。一方、村ではこうして女性だけが集まる光景をたびたび見かけた。



家事が落ち着いた午後のひととき、女性たちは本当ににぎやかに楽しんでいた。外部者の私を招き入れてコーヒーでもてなしてくれた。



Baro川から汲んできた水は、村では大切に使われている。

※ 画像をクリックすると拡大します。