【2011/1/5 Falang村からGoden村までの草原にて(1)】


Itangに滞在中、周辺の村を歩きまわる中で、徐々に遠くへ足を延ばした。Falang村からGoden村までの数百メートルは草原が広がる。たくさんの牛が放牧されており、実にのどかであった。






放牧をしていたボイ君(15歳)。(頭に櫛(くし)を差しているのが、ふざけている訳ではない。こうして付けたまま歩く人をよく見かける。縮れ毛なので、櫛はしっかり付く。単に持ち運び手段なのだそうだ)



夕方は、Itang方面から帰ってくる人が多い。






Goden村の周辺には沼(大きな水たまり?)が多く、かなり迂回しないと辿りつけない。
日が暮れるので、この日は引き返すことにした。



Falang村にて。「撮って」と言ってきたおばさん、ニャンジャイさん。



水汲み帰りの女の子たち。写真左からニャクーブさん(13歳)、ニャングルさん(13歳)、ニャジョさん(14歳)。

※ 画像をクリックすると拡大します。