【2011/1/9 Tirelul村(Itang)、朝の風景(3)】


陽が射すまではゴルの煙が至るところに上がっている。
(ゴルは、牛フンと砂利を混ぜて乾燥させて盛ったもので、フンを燃料に虫よけの煙をたく。一晩中くすぶって牛をマラリアから守っている)









ゴルを火種に、上手に火をおこすニャグアちゃん。




※ 画像をクリックすると拡大します。