【2010/4/8 クッション工場の男たち(2)】


昼過ぎに再訪問すると、機械が停止していて視界が良く撮影ができた。クッションの中身を詰める作業をするSedaliさんは、蒸し暑い労働環境の中で笑顔を見せてくれた。 DubgariGate Rd (ペシャワール)。

※ 画像をクリックすると拡大します。


  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1028-89912388
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する