【2010/4/12 伝統楽器職人】


楽器屋にて。ラバーブ(中東の弦楽器)を弾くSab Zadaさん(写真左)とChandさん。それぞれラバーブ職人、タブラ(太鼓)職人である。ラバーブ(7,000Rs)は1ヵ月に1つ、タブラ(2,500~8,000Rs)は週に1~2つ作るそうだ。ラバーブの音色はとても響いて心地良かった。奏者は少なく、月に1つが売れる程度だそうだ。 Shah Durhan Rd (ペシャワール)。

※ 画像をクリックすると拡大します。


  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1069-7dc31551
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する