【2010/7/25 泊めてもらったオイル工場(1)】


遊牧民の宿営地があるKhataoti Mor村にて。村の工場「Raghav Rai Foods Pvt.Ltd」前で働く従業員たち。



前日、私は親しくなった遊牧民と一緒に野宿する気になっていた。しかし村人たちがやってきて「宿泊施設があるNarnaulに戻れ」と説得してきた。(英語は通じないが「遊牧民と一緒に過ごすのは危険だ」と心配してくれているようだった。自転車移動の私としては、できれば戻りたくない。)
呼ばれてやってきた警官Nawal Kaishoreさん(写真右)が遊牧民にも確認して許可してくれた。結局、その後、彼の配慮で、村にある工場に泊めてもらえることになった。



この工場は、食堂もない村で唯一の施設。工場長の部屋はとてもきれいで、エアコンもあり驚いた。この「Raghav Rai Foods Pvt.Ltd」は、社長が地元では有名なYogbaba Ramdevという人物で、マスタードオイル(食用油)を生産している。写真は7/28撮影。快く私を受け入れてくれた工場長のViay Singhさん(写真左から2人目)。本当にお世話になった。

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1216-790692b5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する