2011/4/10 岩沼市(1)~泥かきボランティア

4月9日~14日(現地滞在5日間)、宮城県の被災地へ1人で赴いた。(カメラマンとしてではなく、1ボランティアとしての活動なので、あまり写真も撮っていない。)
 出発時の情報では、個人の県外ボランティアを受け入れているのは、宮城県岩沼市、亘理町などに限られていた。両方に問い合わせて、よりニーズがありそうな岩沼市に入った。(現在は、他の市町村でも続々と受け入れている。)

 岩沼市は仙台市から南へ20kmで人口4.4万人。農業がさかんである一方、仙台のベッドタウンでもあるそうだ。滞在中、朝方に雪が降った日もあったが、昼間はかなり暖かかった。4/18朝日新聞によると169人が死亡、約20が行方不明、約530人が避難となっている。
 この辺りは、常磐自動車道(仙台東部有料道路)の盛り土が防波堤となり、多くの市街地を津波から救ったと評価されているが、現地の方からも「もともと高架で建てる計画もあったが、津波を想定して盛り土にした」という話を聞いた。
 私は自家用車の車中と名取市のネットカフェで寝泊まりした。食料はパンなど持参したものを食べるようにしたが、すでに多くの店が通常営業をしており、チェーン店の牛丼屋やラーメン屋、回転寿司まで揃っていた。コンビニなどの店で、場所によって品薄と感じたのはミネラルウォーターや乾電池くらいだ。他に出会った県外ボランティアたちは、若者は車中やテント泊、年配者は仙台などでビジネスホテルやカプセルホテルに泊まっている人もいた。(私の車中泊の難点はシャワーを浴びれない点だったが、アフガンやエチオピアへでも行ったと思えば、苦ではない。逆に、1日に何十回も余震が起きる状況では、かえって車中で安心したこともあった。)



県道10号線沿いの風景。ボランティア活動のあと、1日だけ折り畳み自転車で町内を走った。漁港のない岩沼では、海辺の集落は少ないようだったが、多くの農地が塩水に浸かってしまっていた。






訪れた家は、どこも高さ1mほど浸水していて、家の片づけ・掃除、ゴミや溜まった泥の除去が主なボランティアの仕事であった。毎朝、ボランティア受付場所に並んで仕事を待つ。日雇い労働者のような具合である。そうして、6~10人程度ごとに依頼者の家に派遣されて活動する。(私の滞在中、ボランティア数は1日170~200人くらい。)
 写真は4/11午後の作業の休憩時間にて。依頼主の佐藤さん(写真右から2人目)は陽気で、自身がケータイで撮った津波の動画などを見せてくれた。多くの依頼者は、自身の被災時の体験を好んで語ってくれた。流し台の上で夜中まで水が引くのを待った話、家畜の死体が大量に流れ着いた話など・・・。1人暮らしのお年寄りも少なくなく、話し相手としてもボランティアは役に立つと思った。



赤い上着で作業するのが私です。(写真提供:宮内健さん



4/12午後に作業をした下野郷学習館。旧玉浦小学校下野郷分校であり、現在は学童保育として、親が共働きの小学生など30名ほどが利用していた。管理人さん(写真中央)によると、震災の日、地震時には生徒が1人残っていて、すぐに帰らせ、自身も津波が来る前に避難したそうだ。築60年になる建物だが、地元では親しまれており、今後も利用する方針だそうだ。

 ボランティアの内訳は、週末では地元の人が目立ったが、徐々に県外からの個人ボランティアが増えて、過半数を占めているのでは、と思うほどであった(グループでくる若者も多いが、単独で来る年配者も目立った)。この日の午前の作業では、6人組のうち、私も含めて5人が県外で、神奈川、群馬県、埼玉県、静岡県、滋賀県から来ていた。(通常は地元の人が担当するリーダーに、活動経験が長かった私が任されてしまう有様だった。)
 依頼者は、「わざわざ遠くから来てありがたいねえ」としきりに感心していた。1回では片付かないので、多くの家は何度もボランティアを頼むことになるのだが、扱いに慣れている家では、缶コーヒーをもてなしてくれたり、「今日はどこの県から来てくれたの?」なんてボランティアとの会話を楽しむ方もいた。

 この頃、県外からボランティアが入りやすくなる一方、受け入れ先の市町村が限られていたため、岩沼市では過剰ぎみになっていたようだ。受付に遅めに並んだボランティアには仕事がない状況も出ていたと聞いた。石巻市で県外からも受付はじめていたので、そちらに移る人もいたようだ。(ボランティアを県内・市内在住に限る市町村は、地元のボランティアが多くてまかなえる場合と、受入れ機関・施設が被害を受けて体制が整わなかったり、交通インフラの復旧が不十分であったり、まだ遺体捜索の段階である場合などが考えられる。おそらく仙台市は前者だろうが、石巻市などは後者だったようだ。石巻では毎日500人のボランティアが活動しているが、それでもまったく足りていないと聞いた。)
 とはいえ、現地を見れば、岩沼でもまだまだ人手が必要なのは明らかである。ボランティアセンターの方でもニーズの掘り起こしに力を入れていくようだった。「ボランティアは被害の大きい地域に行きたがる」という話も聞く。確かに、やりがいを求める気持ちはあるだろう。より必要とされる場所を求めるのは当然だ。私が現地で出会った(個人で現地入りをするような)連中には、しっかりと現地のニーズに合わせて役立ちたいと思っている人が多く、頼もしかった。
 車の移動で渋滞を起こすなど迷惑をかけては本末転倒だが、現地で活動できる人は、準備と覚悟をもって行ってみれば良いと思う。必ず現地の人の力になれる。少なくとも今の岩沼の復旧活動は、県外ボランティアによって支えられていた。私も一過性でない継続的な協力をしていきたいと思う。

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1228-f95dbb18
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する