2011/4/10 亘理町 荒浜


阿武隈川(河口付近)沿い、亘理町側。

亘理町の避難所には、野菜ジュースを持ち込むのに訪れた。今回、持参した物資は、野菜ジュース3箱(1Lペットボトル36本)のみ。(その他、スコップやデッキブラシなど自身がボランティアで用いれる掃除用具は岩沼市ボランティアセンターにそのまま寄贈。)避難所によっては食料は足りているという報道も多く(とくに炭水化物)、とりあえず日持ちする野菜ジュースを集めた。(私の住む近所では「1人1本のみ」という店もあり、急にはたくさん集められなかった。)
また、個人宅で避難している人たちの方がニーズがあるという話もある。私が見た範囲では岩沼の店には物が並んでいたが、車もないお年寄り、小さい子供に手が離せない家庭では、苦労されていると思われた。
 一方、食料を持参した県外ボランティアで「全員に行きわたらない数だと困ってしまう」と断られた話も聞いた。結局、私はmixiで必要な場所を探して、亘理町の佐藤記念体育館(避難所)に辿りついた。問い合わせると、そこでは2,000人弱に食料を配布しているそうで、「食料は何であれ、ありがたく頂いている」そうだ。避難所で話を聞くと、やはりパン類は足りているが、おかずや野菜、カルシウムとなる煮干しなどが求められているそうだ。避難所の運営する側も、時間ととともに変わる個々のニーズを吸い上げ、適切な物資を集めるのに苦労しているのが伝わった。
 隣のボランティアセンターでは、ボランティア数も多そうで、活気がある印象を受けた。(外国人グループが記念撮影をしていた。)

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1230-301de8d3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する