2011/4/13 女川町(2)~検死ボランティア


知り合いの歯科医師の検死ボランティアに同行した。ご遺体の身元確認には歯型が有効な手掛かりになる。歯科医師が検死したものと、生前のカルテを照合するのだ。先生方は、ご遺体の歯型を記録・確認するボランティアを行っている。

※先生が、初めて検死経験する歯科医師用の検死マニュアルを作成中で 、それに協力する形での撮影です。事前に県警・現場の方の許可を得ています。(ご遺体や検死作業そのものは撮影不可)



硬直した口を開ける器具(写真)などを用いて、2~3人のチームで行われている。経験のある先生は、一体5分くらいで終わるそうだ。もちろん、ご遺体の損傷具合では、ずっと時間を要する。

 こうした検死ボランティアに参加する歯科医師は、ごく一部なのだそうだ。本来「生きているか死んでいるかの違いで歯科医師ならば誰でも検死の技術はある」そうだが、多くの人はやりたがらないようだ。(「遺体を扱った同じ手で治療を受けたくない」という一般患者もおり、そうした配慮から、検死ボランティアの辞退、または参加をしても公言しない医師もいる。)
 そして、現地の多くの歯科医師自身も被災者であり、多大な被害を受けた医院の復旧などで、とても検死ボランティアに手が回らないというのが実情だ。県外からの応援も多い。



現場で知り合った宮城県歯科医師会の入野田昌史先生(写真)に色々とお話を伺うことができた。(ここでの内容は、あくまで先生個人の意見として掲載許可を得ている。)
 平成19年に同会の検死マニュアルが作成されていたが、実際に運用してみると、まだまだ現実に即さないこともあったそうだ。多くの歯科医師は、今回の震災が検死の初体験である。経験があっても、例えば、ある部屋で変死体が見つかり、おそらく住人だろうが、一応確認のために歯型を照合させるという程度のものだと言う。今回のように、全く誰だか分からないご遺体の身元を確定させる検死は珍しいのだ。(さらに、遠方から流れ着いたご遺体も多く、膨大な数を照合しなければならない。)
 また、検死を行う歯科医師不足のため、県外からも応援に来てくれているのだが、記録方法の細かいルールが異なることがあり、生前のカルテとの照合をさらに難しくさせているそうだ。「こんな非常事態は一生に一度で、もう二度と経験しないで済めば良いのだが・・・」という本音も漏らしつつ、全国的な検死マニュアルを整備しておく必要があると言っていた。

 県歯科医師会の入野田先生らのチームは、検視ボランティアの他にも積極的に歯科的支援活動を行っている。同チームの先生の活動報告の手記を拝見したのだが、例えば「4月17日、手付かずと言われる、牡鹿半島全域の調査」では、「想像以上に自衛隊が物資を搬入して下さり、口腔ケアグッズなどは充分であった」そうで「要望された口腔ケアグッズは、入れ歯ケース・入れ歯洗浄剤・義歯安定剤・など過疎化地区ならではの高齢者向け用品」だったと言う。本来、総合的に情報収集するであろう自治体が機能せず、避難所のニーズを独自調査しなければならない苦労が伝わる。
 また、こうした視察で現地に入っても「治療行為は周辺歯科医院への営業妨害になるので避ける」場合も多いという。歯科医院は日頃から地元と結びつき・縄張りが強いのだろう。(地元の学校の担当歯科医などは尚更だろうが、)逆に言うと、こうした非常時には、地域内の避難所のニーズを地元の歯科医師が積極的にカバーしてくれると、期待される。ところが、歯科医師自身が犠牲になったり、被災者となっている実情では必ずしも上手く機能していない、という印象も持った。

 自治体単位の歯科医師会でも、日頃から積極的に活動している医師会は、こうした非常時にも活発である。そうでない医師会の歯科医師は動きが鈍くなってしまう。(私の知り合いの先生が所属する歯科医師会は活発なようで、実に勢力的に支援活動を行っている。) 地域ごと・避難所ごとで生まれる援助格差は、こうした所から来るのだと思われた。

 とにかく、県外からの支援も含め、手探りで現実に対峙して活動をされている歯科医師の方々には感銘を受ける。こうした活動は進行形であり、今日も明日も行われている。






妻が行方不明である男性と、その息子。歯型の検死だけでなく、DNA鑑定についての説明も受けていた。



行方不明者・死亡届の受付場所の近くに、身元不明のご遺体の一覧が張り出されている。いつ、どこで発見されたか、身に付けていた衣服など、細かい情報が書き込まれていた。身内に行方不明者を持つ人たちが、一人ひとりの情報に目をやっていた。そもそも津波被害では、他の地域から流れ着いたご遺体もある。身元確認の難しさ、そして重要さを改めて感じた。

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1236-ce20b401
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
去年の暮れに高校の同窓会で入野田君の現状を知り、たまたま拝見した貴殿のブログで被災地のために必死になっている彼を見て心をうたれ、コメントさせていただきました。
若かりし面影は残っているものの48年の年月は隠せませんね。ちょうど1年が経ちましたががれきの処理、仮設住宅などまだまだ前には進んでいないようです。私は義捐金という形でしか被災地の方々の力にはなれませんので入野田君には本当に頭が下がる思いです。
大変な状況はこれからも続きますがどうか地域のため、そして人のため、ひいては東北地方の将来のためにご尽力を注いでいただきたいと思います。私も心の底からお祈りいたしております。
拙い文章、失礼いたしました。    
                                       田辺
Posted by 両国の仲間  at 2012.03.13 15:12 | 編集
>田辺さま

コメントありがとうございます。
入野田先生をはじめ先生方の活動、現実に向き合う真摯な姿には私もとても感銘を受けました。
義捐金も十分貢献していると思います。
(一般の寄附のほか、個人融資ができる仕組み等いろいろな形はあるようですね)

日々の生活に追われがちですが、小生も少しでも「できること」を見つけて行動できればと改めて思う次第です。
ありがとうございます。
横塚
Posted by YokotsukaTomoaki at 2012.03.13 23:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する