【2010/7/27 Khataoti Mor村の人々(2)】


村では商店がいくつか並んでいる。私がお世話になっている工場にも出入りするIshawarさん(写真右)のチャイ屋。7/25撮影。

 Sarma Hariomさん(35歳、写真左から2人目)は工場勤務。基本単語のみだが英語が少しわかるため、同じ部屋に泊まることが多かった。ここでの労働条件は厳しく、定休はない。1日12時間労働だ。ただ、用事があれば月に一度(3~4日ほど)の休暇は取れる。彼の給料は7,000Rs(約14,000円)。実は高位カーストらしいのだが仕事がなく、(観光地として有名な)アーグラ近郊から出稼ぎに来ている。11歳、12歳の子供もいる。「良い教育を受けさせたいが、現状では叶わない」そうだ。
関連記事「【2010/7/25 泊めてもらったオイル工場(2)】」



スイーツをつくる店員。

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1320-154188f0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する