【2010/8/1 木を植える少年たち】


Gallary村の先にて、沿道の荒地に木を植える少年たちがいた。
(インドで植林はよく見る風景である。関連記事「2009/1/20 植林」



等間隔に掘った穴に苗木を植えていく。羊などに食べられないように草木を被せて覆いをつくる。(上の写真奥、覆われた苗木の並び)
 穴掘りが大変で1日に10個くらいしか作れないそうだが、公共事業として月に4,000Rs(約8,000円)が支給されるそうだ。16歳のオンパカス君(写真右)と14歳のブングル・シン君には悪くない稼ぎのようだ。



より頑丈に苗木を保護するためにレンガに覆われたものも見られた。

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1400-90c94644
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する