【2010/8/18 Agarの牛舎Madau Gosal】


Madau Gosalと呼ばれる牛舎を訪れた。
この牛舎はAgarの公の牛を管理する場所で、Shibaさん(役人、写真右)によれば、朝夕は千頭以上の牛がいるというので驚いた。日中は屋外で自由に過ごさせるので、訪問時は、病気の牛など数十頭だけ残っていた。

インドに行けば、町の至る所で徘徊している牛を見かける。
実はその多くは、(農家などが所有する牛ではなく)こうした施設で国や州が管理しているというのだ。
(個人所有の牛は、角や耳などに印をつけて確認できるようにすることが多いらしい。)

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1611-b90bb541
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する