【2010/8/18 Agarの人、風景など】


マリ(農家)のAbhishek君(17歳)。簡単な英語がわかり、頭が良い。若いながらAgar滞在中に一番頼りにした。
 ガールフレンドは親が決めた許嫁(15歳)で、22、23歳で結婚すると言っていた。



Abhishek君の父の友人Ashokさんがバイクで名所を案内してくれた。写真は町はずれにあるGanesh Temple。夕暮時、参拝する人々でにぎわっていた。(彼にによれば、清潔でないと中に入れないそうで「今日シャワーを浴びていない」と伝えた私は中には入れないと言われてしまった。)






インドの街角には多種多様なヒンズーの神が祀られている。(日本のお地蔵さんという感じだろうか。。。) 見慣れない姿のものも多く、旅行者の目を引く。

周辺の住民に聞いても名前も知られていなかったが、後日、博識な人に教えてもらった。
Bharave Maharajという名で幸せをもたらす神らしい。

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1614-6c737887
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する