【2010/8/20 SarangpurのMayur Lodge(1)】


Sarangpurのバススタンド近くの宿。金物部品屋などが並ぶ通りにあり、モーター修理屋がロッジも兼業していた(写真右の店。地元の人に聞かなければ宿があるとは想像もつかなかった)。
 シングル75Rs(約150円)。Sarangpurは夜21:30頃まで停電だそうで、ロウソクをくれた。

 写真はオーナーの息子Aditya君(18歳)。ソフトウェアエンジニアの学生で帰省中。

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1641-341a2aea
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する