■■旅みち以前■■【エチオピア2003 Debra Damo】

 教会建造物としてエチオピア最古のDebra Damoが、AxumからDigratへ行く途中にあると聞いて、地図だけ書いてもらって1人で行くことにした。ガイドなしで一人では行けないと散々言われたが、ローカルバスを何もないところで途中下車するところだけ不安だったが、ほぼ一本道であった。

遠くに山々が見えるだけで本当に何もない。1時間以上、人にも会わなかった。



ようやく人に会い、挨拶を交わした。

 途中、地元少年(10歳くらい)と一緒に歩いた。特徴的な形なので何となく背景に写していた岩山が、実はDebra Damoだと彼に知らされた。



望遠レンズで撮影。ほとんど絶壁の台地の上に木々や建物も見られた。
結局、入口に着くまで、最後のヘアピンカーブの坂道も含めて3時間も歩いた。



Debra Damo唯一の入口。ここから上はロープで上がるしかない。女人禁制だそうだ。
(ここまで車で来ることができ、地元の巡礼者や観光客が何人か見られた)



地元の少年などは、一人で登ってしまうのだが、私などは命綱を付けて引き上げてもらった。









台地は長辺200mくらいで、修道士たちの家々がある。
ここで標高2,800mらしく、日差しも強い。屋外で人は皆無であった。



6世紀に建てられたというDebara Damo教会(修道院)。ここで一番立派で大きい建物だ。



教会の屋根の飾り。現在、屋根はトタンであった。







※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1676-db5b3f42
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する