【2010/12/30 Itangの水道】


Itang中心部の通り沿いには水道がいくつかある。(1994~5年に国連によって敷設されたらしい。電気については3年前に設備ができ現在もほぼ不通の状態であることを考えると、随分と早くて驚いた。この水は地下水で飲めるそうだ)
数軒にひとつあり、近隣の住民も使っている。一見、公共のものかと思ったが、各家に属していて、メーターで利用分だけ州政府に支払っているそうだ。(一般に1ヶ月に100Birr(約500円)など)
近隣住民は、ポリタンク分1つの水を0.5Birrで買っている。水道水は飲料用のみで1日に1タンク。それ以外の用途はすべてBaro川の水を汲んで利用する。

 私の泊まった食堂の前には水道があった。写真は、水を汲むアウグスト君(10歳)。
水量はとても少なく、ちょろちょろと出る程度。長い間、出しっぱなしにして桶にためて、そこからポリタンクに移す。
中心部以外の村々では、ポンプもほとんど見かけず、今でもBaro川の水を飲料水に使われていることが少なくないそうだ。







12/31撮影。マティウス君とアウグスト君。
前述のマーモ君と合わせて食堂で働く少年3人組。いずれもワライタ人、10歳。

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1731-9ad2ef99
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する