【2011/1/1 Itangにて、Baro Riverの川辺の人々(1)】


Baro Riverには人々が洗濯や体を洗いにやってくる。アニュワ人、ヌエル人、その他のアビシャン(黒人でないエチオピア人)とそれぞれ何となくテリトリーがあるようだが、Gambelaの川辺ほどはっきり分かれてはいない。写真は、Itang中心地に近い、アビシャンが多く集まる川辺にて洗濯などをするAshinalさん(写真中央)。

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1734-869787af
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する