【2011/1/1 Itang、宿の食堂にて(7)】


夕飯にドロファンタを食べた。17Birr(約85円)。メインは骨付き羊肉で、ルーはトマトの味がやわらかくしていて美味しい。
(正直、エチオピア料理はなかなか口に合わないのだが、これは白いごはんにかけて食べたいと思うほど美味かった!)



ランプの灯で食事をとる食堂スタッフの仲間たち。(実際には写真以上に暗い)

Itangでは、電気は月に1、2回だけ通電する。店によってはジェネレーター(発電機)があるが、ここにはなく、ランプの明かりだけが頼りである。



(ストロボを使用して撮影)



Itang滞在中、ずっと寝泊まりしていた食堂の一室。ろうそく一本の明かりでは何もできずに、食事後にすぐに寝る生活だった。

蚊帳は、私のために新たに付けてくれた。とくにGambela州ではマラリアが多く、地元の人も蚊に注意している。
(結局、このあと私はマラリアを発症することになるのだが。。。)

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1756-cdf81c85
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する