【2011/1/2 Itang Medanialim Churchにて】


Melaku君と一緒にItang唯一のオルトドクス(エチオピア正教)の教会を訪問した。
聖職者Mergetaさんの十字架に顔を付けるMelaku君。

背景の建物は一か月後に完成予定の新しい教会の建物。



当然、敷地内で見かけたのはアビシャンのみで、ヌエル人やアニュワ人など黒人はいない。

背景の建物は現行の古い教会。
(ただの小屋だが、両端にそれぞれ入口があり男女で別れている)






敷地はそれほど広くないが墓地もある。
実は塀の向こうは、泊まっていた食堂の裏手にあたる。



1/10撮影。(後日、Melaku君(写真左)、従弟のGatachew君と再訪問。)






教会の敷地入口にある門に口づけをしてから入る人が目立った。

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1759-2debcf3d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する