【2011/1/8 Tirelul村(Itang)の人々(13)】


幼い弟の面倒を看るニャビルさん(11歳)。両足が不自由で歩くことも立つこともできない。いつも家の周りで留守番をしている。

ついつい障害者として見てしまいがちだったが、声をかけると表情も明るく笑顔が絶えない。写真に撮られるのが好きな普通の女の子だ。



1/9撮影。幼い弟の面倒を看るニャーコムちゃん(7歳)。



1/9撮影。ニャーコムちゃんの母、ニルカさん(29歳)。子供は6人。写真を撮ってもらうために、子供に服を着せ、自分もきれいな着替えてきてくれた。



後日、この写真をプリントして渡したら、とても喜んでくれた。

※ 画像をクリックすると拡大します。




  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/1844-7e895b27
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する