旅だより~ 2010/3/17 カンダハールの治安

外国軍がタリバン掃討作戦を繰り広げるヘルマンド、カンダハール。アフガンのテレビでも、戦闘シーンのニュースばかりを目にする。私がカンダハールに着いた前日(3/15)には8カ所でテロ事件が起き、そのうち警察本部での爆発事件は35人が死亡、53人が負傷したそうだ。

3/16撮影。国境からカンダハール市内へ向かう幹線道路を巡回する軍事車両。軍が通る間はどの車も道路わきに停車する。


市街地にも2001年の米軍による空爆で崩壊しかかったままの建物も少なくない。写真の建物の上に見える白い飛行船は、軍によるカメラで重要保護地区を警戒している。カブールでも見られた。


写真の右手には空爆跡の空き地が駐車場に利用されていた。


Kabul Bazarにて。鶏一羽を300~500Af(約560~930円)で売るBaki Janさん。1日に500Afの利益になるそうだ。


Char Suqの両替商。現在の換金レートは1US$=48.5Af。(昨年6月は50Af、8月は48Afであった。)

※ 画像をクリックすると拡大します。







  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/188-eaa13b60
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する