【随時更新】 ジンバブエ経済状況


※2008/11以降は、MutareおよびMasvingo在住の親しいジンバブエ人からの情報
※Harare:首都、Bulawayo:第2、Mutare:第3、Masvingo:第4(第5?)の都市


--------------------------------
2010/10/21
  ・最近は落ち着いているが、物価はやや上昇傾向
   例.調理用オイル(2リットル) → 通常価格US$2.65だったのがUS$3.3に値上げ
  ※貧富の差が拡がるにつれ、犯罪が増加傾向にあるそうだ。

私の友人によれば、大学を卒業しても仕事が少ない状況は相変わらず。
外資は中国企業が多いが給与はあまり良くないそうだ。
(彼自身はミニバス(ハイエース)の交通事業を立ち上げ、奮闘中。)
--------------------------------
2010/2/8
  ・雨不足で農作物への被害があるが、今のところ食物の供給は安定。
  ・最近、強盗が増えていて、夜間に出歩くのは危険だそうだ。
  (とくに銃を使った銀行強盗が目立つらしい)
  ・教師の月給     → US$160 ※特に改善なし
--------------------------------
2009/12/17
  ・すでに国内の日常品不足は解消され、価格も安定しているそうだ。
  (相変わらずドル支払いで庶民の金欠は継続中。)
  ・教師の月給     → US$150-200
  ・一皿のSadza(主食) → US$1
  ・米 2kg       → US$2
  ・砂糖 2kg      → US$1.5
--------------------------------
2009/6/23
  ・充電式単三乾電池4本 + 充電器 → US$40
  ・単三乾電池4本 → US$12
 ※私が現地にいた2008年10月のときも同様だった(路上売りで1本、US$3)。
  電気製品は日本と同じくらい高いようである。
--------------------------------
2009/6/10
  ・依然、使用可能な通貨は南アフリカRandまたはUS$だが、食料不足は改善傾向。
  ・一般的な所得 → US$100
  ・一般的な家賃 → US$30~40
  ・一皿のSadza(主食) → US$1~
  ・一般的な野菜       → US$0.5
  ・果物(リンゴ、オレンジなど1個)→ US$1

 ※「一般的な」の詳細は不明。あくまで目安のようである。
 ※極端な低所得に対し、食料・日用品の物価は日本とそれほど変わらない。
  かなり厳しい生活を強いられているようである。
--------------------------------
2009/6/3
  ・教師、全ての(軍事以外の)公務員(civil servants)の月給がUS$100

--------------------------------
2009/5/2 ※現地の友人から初めて上向きの連絡も受けた。
  ・人々はトウモロコシの穂軸を食しているが、
   現在、トウモロコシなどが収穫され、田舎で食料が増えている。
   砂糖など基本的な品は不足しているがおおむね改善している。

--------------------------------
2009/2
  ・デノミ実施 1Z$=100,000,000,000Z$
--------------------------------
2009/1/12
  ・US$1=40,000,000,000Z$

--------------------------------
2008/12/15
  ・US$1=20,000,000Z$
  ・米1kgは40Rand(南ア通貨)≒4US$
  ※多くの物品・食料は商売人が南ア等周辺国から持ち込んで売っている。
   外国通貨でないと買えないとのこと
  ・現在主な流通紙幣は100milion、200milion、500milionZ$札となっている。
  ※ニュースで「12/12から2億札、5億札の発行開始」とあったが事実らしい。
  ・治安については、徐々に悪くなっている印象らしい。
   もともと犯罪の少ない国だが盗みが増えているそうだ。

私の友人家族も食料が買えなくなっているため、送金や食料品を送る支援を申し出た。
上記の米の値段を考えると送料を入れると日本の方が高めなので送金することにした。
とりあえず12/16 US$300を送金。(これで、目を患っている母親の医療費および数ヶ月分の食費に当てるそうだ。何にいくら使った等と几帳面に伝えてきてくれ、節約して大切に使っている様子が伺える。)

--------------------------------
2008/12/4
  ・主食のSadzaの原料となるトウモロコシ粉の値段も高騰。
   10Kg(4人家族で2週間分の量)でUS$15。
  ・飢餓で子供・老人が亡くなるケースが起きている。
  ・(報道通り)コレラが地方で流行っている。
--------------------------------
2008/11/18
  ・US$1=1,500,000Z$
  ・Masvingoにて全商店でZ$が使えず、Rand(南ア通貨)のみ使用可となっている。
  ・MutareではRandおよびUS$が使用可。
  ・パン一斤:800,000Z$
--------------------------------
2008/11/08
  ・US$1=800,000Z$
  ・一日に銀行から下ろせる額:500,000Z$
  ・パン一斤:500,000Z$
  ・警察官の月給:1,500,000Z$
--------------------------------以下は現地での実勢レート
2008/10/14
  ・US$1=16,000Z$ (Bulawayo)
  ・一日に銀行から下ろせる額:40,000Z$
  ・バナナ一本:3,000Z$
--------------------------------
2008/10/10
  ・US$1=9,500Z$ (Harare)
--------------------------------
2008/8
  ・デノミ実施 1Z$=10,000,000,000Z$
--------------------------------
2008/7/28
  ・US$1=100~200,000,000,000Z$ (Harare)



  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/221-f89e3762
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する