ザンビア2008/9- 基本情報

インフラが整備された南アフリカ、ジンバブエ、ナミビアと比べると田舎が多いザンビア。写真を撮ってプリントしてあげる甲斐があった。単純にGDPを比べると貧困国だろうが、経済成長真っ只中。農村部でも人が多く、エネルギーを感じた。敬虔なクリスチャンが多いし、首都ルサカを除けば治安も良いと思う。平和な歴史も国民性によるのかもしれない。銅のモノカルチャー、サービス精神の欠如・・・とアフリカらしい一面も存分に見せてくれた。(モノの物価は先の3ヶ国より安いが交通費と宿代だけは一番高い。) 
偶然、訪れたKahikishi村は、日本の漁村のようでもあり、隣接するコンゴ(旧ザイール)からの移民・難民も多く特異な場所でもあった。そこで私はコレラにもなり、初めて海外で入院もした。2週間以上滞在したくさんの人に会った。


-----以下、ジンバブエ、南アフリカ、ナミビア、ザンビアを通しての情報-----
■期間 2008/7/28 - 2009/10/17
■費用 滞在費¥300,000 往復航空券¥221,900 ※燃料税含む

■カメラ機材
ボディ  Canon EOS3 ※電池、フィルム100本 ←南アの空港だけはX線逃れらず
      Canon EOS40D ※バッテリー4個、CF計48GB、充電器
レンズ  EF17-40 F4L USM
      EF50 F1.2L USM
      EF75-300 F4-5.6 IS USM
ストロボ 480EZ
■プリンタ
  Canon SELPHY CP750 ※バッテリー2個、専用インクカセット・用紙1000枚分
■その他
      変換プラグ、延長コード など
■現地調達
      変換プラグ(南ア専用)



  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/348-07dd3495
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する