2009/6/13 親日家のYousaf Irshadさん


朝、泊まったガソリンスタンドのマネージャYousaf Irshadさん(パンジャブ人)がラホールから駆けつけてくれた。ここでは入手しづらい洋風のパン(いわゆる食パン)やマンゴジャムなどを持ってきてくれた。妻や3人の子供たちもNHK衛星放送をよく見ていて、家族そろっての親日家だそうだ。わざわざ家に電話して「ほんとに日本人がきてるよ!」なんて言って喜んでいた。



「昨日のNowsheraのテロだよ」と新聞を見せてくれた。(写真左上の見出しには「12人死亡、101人負傷」と書かれている。同右は亡くなった宗教指導者と破壊される前のモスク。同中央左には、瓦礫の山となったモスクの写真。)
Nowsheraはここのすぐ先である。「ペシャワールの中心市街地とホテルでも数日前にテロがあった。これ以上、近づくのは危険だ。」と彼は私を説得した。正直、せっかくここまで来たから最後まで行きたいし、テロ現場も見てみたいと思っていた。色々な可能性を彼から聞いている最中にも、彼のケータイに「Kohat(ペシャワールの南の都市)で8人死亡」のニュースが飛び込んできて、「一刻も早く、イスラマバードに戻ってくれ!」と押し切られてしまった。いきおい彼は日本大使館にまで電話をしてしまったのだが、土曜日で休みだったので助かった。
ともかく、外国人の誘拐も多いそうで、戻るのが正しい判断だと納得した。


私は、パンジャブ人であるYousaf Irshadさんに「なぜタリバンはムスリムなのにモスクを攻撃するのか」と尋ねた。(同様の質問に対して、昨日のパシュトゥン人たちは「タリバンではなくヒンズー教テロリストの仕業だ」と答えたことも伝えると)「ヒンズー教徒がテロを起こすこともあるが、多くはタリバンによるものだろう」とした上で「彼らは一般のムスリムではなく、教義を逸脱している」と外国人が受け入れやすい回答を述べてくれた。



  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/520-ef6f101a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する