2009/7/25 Parian警察署周辺の人々


警察署の裏手の草原にて。川沿いまで砂を集めに来た少年たち。



私を見ると、「写真を撮って」と子供が集まってくる。横たわる枯木の上から撮ろうとしたら、やんちゃ坊主たちが私を落とそうと枯木を動かし出した。



Kohsar村から作物を担いできた、農家のAbdul Rahamadさん。



背景はParian地区唯一の小学校。近年できたばかりでまだ新しい。今は夏休み中だが、近隣の村から多くの子供たちが通うそうだ。(朝の部、昼の部のように分かれており、地元の人いわく1,000人以上の生徒がいるらしい。) 男子校であり、この地区の女子は学校に通っていない。



Kohsar村に住む兄弟。背景はマドラサ(神学校)だそうだ。


  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/710-1fddf690
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する