2009/7/26 裏手の草原にいた子供たち(2)








7/28撮影。草原の一軒家に住む女性たち。顔つきからハザラ人のようだった。部外者を警戒する彼女らは、毎日やってくる私に見慣れたとしても、挨拶を返してくれることはなかった。もちろん悪気は無い。そういう文化なのだ。それでもオバサンが、石を投げる子供たちを叱ってくれるときはとても嬉しかった。



7/31撮影。



7/28撮影。北東のKara村から出てきた姉弟。この村は部外者を拒んで中へは入れなかった。



南側の斜面にて草刈りをしていた少年たち。この山の向こう側はタリバンが多いヌーリスタン州である。危険なので、この斜面の上へ登ることも私は許可されなかった。



7/31撮影。Muhammad Almas君(10歳)。


  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/714-d2b07d4c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する