2009/7/26 Kazihel村の人々(1)


Googleマップ


より大きな地図で アフガニスタン2009/6 を表示


深い渓谷のpanjsherには、基本的に川沿いにしか道がない。この日の午後は下流(南西側)方面へ歩いた。写真は、対岸から警察署(写真中央奥)付近を望む。



Kazihel村で出会った少年たち。人懐っこいAbdul Kodas君(9歳、写真右)。






農民のMadashanさん(40歳)と息子さん。この写真の背景の土地で米を作っている。(写真足元の半地下の家に住んでいるそうだ。) 英語が分からなくても礼儀正しい人たちだった。



村の建築現場にて。サングラスの現場監督(?)は元コマンダーだと言っていた。



大統領選の有力候補者アブドラ氏のポスターを掲げる建築現場の男たち。故マスード将軍の地元であるPanjsherでは、未だに彼はカリスマ的な人気がある。その戦友であったアブドラ氏は当然ながら人気がある。(アブドラ氏のテレビCMでは、マスードと一緒に戦っていた頃の映像が何度も流されていた。他の候補者の選挙ポスターでも、文民としての現在の写真と合わせて、ムジャヒディーン(イスラム義勇兵)時代の戦闘服姿の写真を掲載しているものもいくつかあった。「力」の持つ軍人を支持する人たちも根強くいるようだ。)


  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/717-a97a592e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんにちは!

子供たちの笑顔がいいですね!
平和な国に暮らせる自分の幸せを身にしみて感じます。
Posted by rika3377 at 2010.02.01 19:55 | 編集
>rika3377 さん

またまたコメントありがとうございます~!
そうですね。私も日本に居るときは完全に無警戒で生きてます。。。

> こんにちは!
>
> 子供たちの笑顔がいいですね!
> 平和な国に暮らせる自分の幸せを身にしみて感じます。
Posted by YokotsukaTomoaki at 2010.02.02 09:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する