2009/7/30 警察署周辺の工事現場


8/3撮影。Parian警察署の周りにある3つのプロジェクトの一つ、テレコミュニケーションセンターの建設現場。



7/26撮影。Kara村から働きにきているMadataさん。
専門職以外の作業員は地元で雇っている。



カブール出身のエンジニア、Ahamad Jawidさん。工事期間中は仲間と現場のテントで暮らしている。前日は、技術指導者・監督としてISAFに説明していた。英語が話せて、地元の人々にも慕われていたので、私が最も信頼していた相談相手であり、外国人の良き理解者であった。

実は、この日の朝、貴重品袋からUS$90、1,000Af、US$500(TC)が盗まれているのに気づいた。寝ている間以外は肌身離さずであり、前回確認した日からの宿泊場所を考えると、Jabal os Sarajのチャイハナ(個室)か、Bazarak(Parakh)の警察本部、Khenj警察署、そしてParian警察署の可能性があった。事情聴取を受けると署長とParian地区の首長は「損害分を支払ってやろう」と言ってくれたが、Parianであるかは特定できないので辞退した。警察本部で同部屋の警官はハッシーシ漬けだったし、Parian署にも囚人はいるし、疑い出したらきりがない。とりあえず、リファンドセンターに電話をしてTC(トラベラーズチェック)の使用を止めてもらった。(そもそもパキスタンでもアフガンでもTCを扱っている場所がなく(見つけられず?)、ここでは全く価値がない。)
こうした込み入った話は、全てエンジニアたちの通訳が頼りであり、Jawidさん、Inamさん(インターン学生)、Didarさん(ロシアの大学卒)には本当に助けてもらった。



8/1撮影。こちらは裁判所の建設現場。インターンのInamさん(7/24撮影)も含め、こちらのエンジニアたちは小学校に寝泊りしている。


  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/727-bf8602c6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する