旅だより~ 2010/3/27 Katcha Gorhi~キャンプ後の村

ペシャワール近郊にあり、かつてはアフガン難民で有名だったKatcha Gorhiキャンプ。私が昨年6月に訪問したときにはFATA(連邦直轄部族地域)Bajor管区からの国内避難民キャンプ(通称Bajory Camp)となっていた。それが今回再訪問すると、テントの群れがきれいに無くなっていて驚いた。

実は、今年の1月下旬にJalozaiキャンプに移ったそうで、現在は誰も住んでいない。Katcha Gorhiに隣接するRegilailma村の子供たちの遊ぶ姿を見かけるくらいだ。


片足立ちで互いに倒し合う遊びをする子供たち。


パシュトゥンの踊りを披露するShamar君(12歳)。

このRegilailma村は、かつてアフガン難民のうち帰還せずに残った人々が集まった村だそうだ。「故郷に仕事がある人は、帰ったのだが。仕方なくここに残った」と説明する人が目立った。

ジャララバード出身のAmin Khanさん(写真中央)。2000年に地雷で左足を失い、義足で生活している。村とキャンプ跡地との境で床屋・貸シャワー屋を営むが月収は3,000Rs(約2800円)にしかならない。街の物乞い程度だ。キャンプが去って多くの顧客を失ってしまった。

写真はAminさんの床屋にて。パキスタンでも良い職を得るのが難しいため、2人の息子Amir Khan君、14歳、写真左)とEjrat君(15歳)をイギリスや日本に行かせたいと語っていた。

※ 画像をクリックすると拡大します







  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/880-b6ea1fba
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する