パキスタン2010/3- 基本情報

Googleマップ


より大きな地図で パキスタン2010/3 を表示

前回2009年に訪れた北西辺境州(NFWP)同様、部族地域が残るバロチスタン州。治安も悪化しているので(今後もっと訪れ難くなるので)今回は真っ先に訪れた。そこでは今まで以上に民族間の格差、軋轢を意識させられた。
一般に待遇の悪いバローチ人は主要民族であるパンジャブ人を敵視している。独立運動も盛んだ。逆に、パンジャブ人は「教育された人材の乏しいバローチ人だけで独立して何ができるのか」と排他的なバローチ人に対して冷ややかな反応が見られた。(バローチ人の教育水準は低い。パンジャブ人の教師は嫌悪されるので、教師不足の原因になっているとも聞いた。)
関連記事「旅(2010春)の雑感」
関連記事「旅だより~ 2010/3/5 Khuzdarの治安」

また、北部の州都クエッタ(Quetta)ではパシュトゥン人も多い。彼らの文化・言語はアフガンのカンダハールと同じであり、同じパシュトゥン人でもペシャワールとは大きく異なっていた。
(例えば、ペシャワールでは「パシュトゥン人の飲み物 = カワという緑茶」であったのに、ここでは「カワ」は紅茶であったのには驚かされた。昨年ペシャワールで覚えたカタコトの現地単語も役に立たないことも多かった。)

■期間 2010/3/1 - 2010/3/16
3/1 - 3/3Karachi(カラチ)
3/4Bela
3/5 - 3/8Khuzdar
3/9 - 3/14Quetta(クエッタ)
3/15 - 3/16Chaman


-----以下、パキスタン、アフガニスタン、UAEを通しての情報-----
■期間 2010/3/1 - 2010/4/27
■費用 滞在費¥42,400
      内訳 パキスタン(3/1 - 3/16、3/23 - 4/27) ¥27,000
          アフガニスタン(3/16 - 3/20)     ¥1,200
          ドバイ(3/20 - 3/23)        ¥14,200
 
     現地航空券¥42,000
      内訳 カンダハール⇒カブール ¥5,600
          カブール⇒ドバイ     ¥18,900
          ドバイ⇒イスラマバード ¥17,500

     往復航空券(羽田 - カラチ)¥103,640 ※現地出国税等を含む
■カメラ機材
ボディ  Canon EOS5D MarkⅡ ※バッテリー5個、CF計144GB、充電器
レンズ  EF24-70 F2.8L USM
      EF75-300 F4-5.6 IS USM
ストロボ 580EX Ⅱ
■プリンタ
  Canon SELPHY CP750 ※バッテリー2個、専用インクカセット・用紙200枚分
■ノートPC
      Aspire Timeline 4810T ¥50,900
■資料
      地図(Afghanistan)、語学本(ダリー語 2冊、ウルドゥ語 1冊)
■その他
      変換プラグ、延長コード、カードリーダー など



  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/893-f1304c5b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する