2010/3/7 Khuzdarの人々(2)


Runda Bazarにて。移動屋台でブラヤニを食べた(写真左のテント下)。屋台を営むAjap Khanさん(50歳)はとても温和で親切な人だった。(撮影拒否だったのが残念。)

Googleマップ


より大きな地図で パキスタン2010/3 を表示



はじめは見慣れぬ外国人(私)を警戒していたが、次第に若者を中心に人が集まってきた。



アフガンのカズニ出身のMuhammad Zaher Khanさん(35歳、写真中央)。関連記事
ここでは真顔で「出て行け」とジェスチャする人もいて、写真を撮れる人は限られた。結局、親切にしてくれた人たちからも「治安が悪いから」と出されてしまった。



愛嬌のある兄弟(12歳、9歳)に連れられて住宅街を歩いた。市場なら一人で歩けるが、外国人が住宅地を歩き回れば正に不審者である。住宅地では、市場には殆どいない女性や、外で元気に遊ぶ女の子も見られた。写真は撮れなかったが子供たちはフレンドリーで楽しかった。(結局、大人たちに「危ないから」と出されてしまった。)
写真は、最後まで案内してくれた弟のAmed君。



Amed君と訪れたバイク塗装屋。店主のAfzalさん(写真後ろ中央)はクエッタ(Quetta)から働きに来ていて、流暢な英語を話す。Naifさん(写真後ろ左から2人目)は空手経験者で黒帯だそうだ。
住宅地からついてきた子供たちは店の外に追いやられ、窓にへばりついて中の様子を覗いていた。そのうちの一人Shah Zah君(4年生、10歳、写真手前左)は自ら「(英語の勉強のために)外国人と会話をしたい」と言って入ってきた。謙虚さも含めて好感の持てる少年だった。親は物売りだそうだが、とても良い教育(しつけ)を受けていることが伺えた。



ゴミ回収屋(リサイクル屋)のSami Ullahさん(24歳、パタシュトゥン人、写真右)、Noordinさん(30歳、バローチ人、写真左)。
街で店を営む人はパシュトゥン人も多く、とくに向こうから声をかけてくるのはパシュトゥン人が目立った。バローチ人の母語は、バローチ語とブラウィー語に分かれるそうだ。(帰国後、ブラーフーイー語のことだと分かった。)



計量するNoordinさん。ゴミ(金属など)は25Rs/kgで買取り、クエッタにて28Rs/kgで売るそうだ。輸送費に2Rs/kgかかるので、1Rs/kgが利益になる。



Sami UllahさんもArifさん(写真右)も昨晩、食堂でゲームをしていた連中である。
「暑いから歩きたくない」「外国人と歩くのは嫌だ(危険だ)」という理由で彼らは私の散歩に同行してくれなかった。



自動車修理のメカにクスImam Din Ghulam Mohiuddinさん(45歳、写真右)さんは以前ドバイで働いていたそうだ。息子のSnaullah君(19歳、写真左から2人目)は5年前に学校を出て父の店を手伝っている。写真手前に置いてあるのはトラックのサスペンション。


この店の隣で、愛車のサーフ(トヨタ車)を修理に出していたZia Ul Islamさんと話をした。彼は鉄鉱山で働くバローチ人だ。
「なぜバローチ人がパンジャブ人を嫌うかって?バロチスタン州は金、銀、鉄、ガス、大理石と資源があるが、パンジャブ人が利権の一部を奪っているからだ。先日3/1の大学での爆発事件は、反政府運動に参加する学生を狙った国軍の仕業だ。」
最後に「ここではウルドゥ語を話すな。パンジャブ人と間違われて撃たれるぞ」と真顔で冗談を付け加えた。



宿の並びの自動車部品屋。英語が話せ頼りにしていたRafullahさん(27歳)の店で、弟のサミュラッシャーさん(25歳、写真左)が店番をしていた。写真右はメカにクスのウスタッドカリムさん(20歳)。
「TOYO」や「OSAKA」などの日本製ベアリングは3,000Rs、韓国製は1,200Rsで売られていた。(OSAKAはここでは都市名より自動車部品メーカー名として有名。「TOYOTA」「HONDA」と並んでよく看板に使われるブランドであった。)



「Chamdni Paan Place」というPaan屋。



PaanをつくるSardarさん(33歳)。Paanは、細かく切ったココナツなど甘いもの数種を葉っぱで包んだスイーツ。白や黒のタレもたっぷりかけて見た目はグロテスク。予想通り、中身は甘いが葉っぱは苦い。1個10Rs程度。

※ 画像をクリックすると拡大します





  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/902-12850c2b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する