2010/3/12 Ayub Stadium(2)~Ghaza(パシュトゥン相撲)


Googleマップ


より大きな地図で パキスタン2010/3 を表示


パシュトゥン相撲を観戦する前に礼拝をする人々。



Ghaza(ゲイジャ)というパシュトゥン相撲。彼らの伝統レスリングで、相手を倒して背中が地面に着いたら1点で、ひとつの取り組みで2点取ったら勝者となる。大相撲の東西のように2チームに別れて対戦するそうだ。組み合った格好は柔道にも似ている。(関連記事



このレスリングを見物するのはパシュトゥン人だけである。彼らにとってはクリケットよりも人気があるかもしれない。






互いにつかむ箇所は決められていて、実力に圧倒的な差がなければ、じっと組み合ったままで動きはとても少ない。勝敗は足腰の強さが全て、という印象だった。(そのまま両者引き分けという場合も少なくない。)






棒を持った人は、パシュトゥン相撲の競技運営者の一人。木の棒は、観客が少しでも内側に入った場合に容赦なく叩き出していた。日本からの見物客(私)は、内側に入って見ることが許された。






たとえ相手を吊り上げても、背中から倒すことは難しい。両足を上げて構えられると、簡単に足裏で着地されてしまうのだ。



なかなか勝敗が決まらないだけに、誰かが倒されると会場は大歓声で盛り上がる。



敗者は疲労の上に悔しさをにじませて味方のチームに戻る。



隣にあるホッケー場の観客席の裏側からも、多くのパシュトゥン人が見物する。

※ 画像をクリックすると拡大します。


  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/909-82a99ca5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する