【2010/3/30 仕立て屋で働くImtiaz君】


道路にはみ出した席で一日中ミシン縫いをして、通るたびに挨拶をしてくれたImtiaz君(15歳)。私を見かけるといつも笑顔で、多いに元気をもらった。
10歳から学校に行かずに師匠のもとで丁稚奉公をしている。今は売値150Rs(約160円)の基本的な服を作り、1着60Rsの出来高払いだ。 Shah Gazi Nazeem (ペシャワール)。

※ 画像をクリックすると拡大します。









  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/970-cca524c5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する