【2010/4/1 線路上のバザール】


線路上に服やぬいぐるみなどの露店が広がる。Abdul Jabar君(6歳、写真左)は1年生ながらカタコトの英語が話せる賢い少年だった。(ここで会った連中で他に英語を話せたのは学生一人だけ) Notia Patak Bazar (ペシャワール)。

※ 画像をクリックすると拡大します。









  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/979-d9db5257
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する