【2010/4/2 雨上がりの屋上】


ビリヤード上の屋上へ。向かいの建物で凧揚げをしていた少年たちがこちらにやってきた。ペシャワールは4月でも日中は暑い。雨は気温を下げるのでとても歓迎されている。そして埃が立たずに街が美しく見えるのは大げさではない。(普段は、夜間なら車のライトの光跡がはっきり見えるくらい埃っぽい。宿の部屋の中でさえ、停電時につける懐中電灯の光が目に見えてしまう。)
写真は、Sami Ullah君(写真右)とBilal君(ともに10歳)。 Chowk Yadgar (ペシャワール)。

※ 画像をクリックすると拡大します。









  
この記事へのトラックバックURL
http://tabimichi.blog23.fc2.com/tb.php/984-4f51b0f5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する